TOP > 渋谷店 > 渋谷店スタッフブログ > 【 修理あるある 】iPhoneXが水没で充電出来ない!充電コネクターは水濡れで壊れやすい?
渋谷店
スタッフブログ

【 修理あるある 】iPhoneXが水没で充電出来ない!充電コネクターは水濡れで壊れやすい?2021.01.28

iPhoneの充電コネクターは水濡れにメチャクチャ弱い




今回は【iPhoneの水没故障】をテーマに解説いたします。
故障の原因は【お風呂による水没】です。

故障個所は【充電コネクター】です。

AppleのiPhoneは《iPhone8・iPhoneX》以降従来のiPhone以上に耐水性は強化されています。
そんなiPhoneXが水没によって充電出来なくなってしまったトラブルでご来店されるケースもここ最近は少なくありません。

診断方法は、充電ケーブルにiPhoneを繋げて反応を確認します。

 

 

 



充電の反応していると、バッテリーマークに「⚡」マークが出ます。
しかし、反応が全くしていない場合、画像の様に⚡マークは表示されません。

この症状の場合は、充電コネクターの故障と判断できます。

 

 

 

 

充電コネクターは水没で破損しやすい




iPhone8以降の機種は水没に強くなっている事はユーザーの中では常識となっています。

昨今、耐水性能が上がった事で、【防水スマホ】と思われている方も少なくありません。
iPhoneXは因みに耐水レベルはIP67です。

耐水性能は高いのですが、それでも今回の様に充電出来なくなってしまいました。

実は「水没」でかなりの確率で壊れてしまう確率が高い部分が【充電コネクター】なのです!
水没した場合に真っ先に水が浸入する部分が【充電コネクターの穴の部分】です。
水没対策はされていますが、水に対しては完全に防ぐ事は出来ません。

そして、修理する際に内部を見てみると、真っ先に水滴がこびりついているのが、【充電部分周辺】です。

これは、スピーカーの穴やコネクターの隙間から入り込んでいる事を表しています。
水没で壊れやすい部分なので、iPhoneをお使いの方は是非とも気を付けて下さい!

 

↓※別のブログでも、壊れやすい箇所を解説しているのでこちらもご覧下さい!

タイトル:iPhone は 一瞬 の 水没 でも壊れます!!【お風呂等で水没した時の対処法】
https://iphone-shuuri.jp//shop/tokyo/shibuya/blog/9502/


タイトル:水没によるFaceIDが使えなくなる故障が多発中!!
https://iphone-shuuri.jp//shop/tokyo/akihabara/blog/6157/

 

 

 

分解作業は意外と手間?


バッテリーを取り外さないと分解出来ないiPhoneX




従来のiPhoneは基盤を取り外すか、取り外さないかと2択でした。

iPhone5~iPhone6sシリーズまでは基盤の取り外しは不要でしたが、iPhone7~8までは基盤を外さないと
充電コネクターが外れません。

しかし、iPhoneXシリーズでは、基盤の他バッテリーを取り除かないと、ケーブルが干渉してしまい【充電コネクターが外れない】仕様になってしまいました‥‥(;^ω^)

何故このような面倒な構造にしたのかAppleに疑問を呈して見たい今日この頃です(;´Д`A ```

 

 

 

 



そんなこんなでようやくコネクターを外す事が出来ました。

修理する上で効率よく分解する為に無駄な部分を省いて、尚且つ丁寧に修理しますが、今回ばかしはそれが皆無でした。。。
自己修理をする方も年々増えてきていますが、このモデルに関して自己修理は全くオススメしません!

高確率で壊しますので、壊れた際は修理屋さんに持ち込みましょう!
でないと余計に壊した場合は高額な修理費用が掛かります、、、

 

 

 

分解も大変!組み立ても大変!




分解作業だけでも一苦労でしたが、組み立ても同じぐらい大変です(;´・ω・)

取り外したネジの数が異常なので、それを元に戻すのも一苦労です。。。
どの修理屋さんでも、ベテランの修理スタッフでなければかなり時間が掛かるでしょう。

今回の修理では1時間程かかりました(;^ω^)

 

 

動作確認




元の状態に組み立て後、充電の反応を再度確認します。

ご覧の通り問題なく充電も溜まり、バッテリーの最大容量も100%になりました。
重度の水没であれば【基盤修理】が必要になる場合もありますが、今回は【部品交換のみ】で済みました。

基盤修理になると金額も高くなる場合もあるので、水没して故障した場合は早めに修理屋さんに持っていくことをオススメします!

 

 

 

最後に




いかがでしたでしょうか?

iPhoneの耐水性能はあくまで基準にしかすぎない事が分かって頂けたかと思います。

今のiPhoneはIP68相当にあるので、iPhoneXよりも耐水性能が高く設計されています
が、しかし、過信が一番の大敵です!

油断しているとデータを全て失う事になるかもしれません(´;ω;`)

手遅れになる前に、水没したら起動している間にすぐ修理屋さんに相談しましょう!

今日のブログはここまでです!
それでは!