TOP > 渋谷店 > 渋谷店スタッフブログ > FaceIDが使えなくなった時の対処法
渋谷店
スタッフブログ

FaceIDが使えなくなった時の対処法2020.07.10

iPhoneX以降のFaceIDのトラブルの解決法を教えます!




iPhone修理ジャパン渋谷店スタッフDです!

ここ最近のお問い合わせの中で、「iPhoneのFaceIDが使えなくなった」というお客様のご相談がありました。
常にFaceIDでロックを解除していたそうで、毎回パスワードを入力するのが面倒だから使える様にしたい!
というご要望でした。

iPhoneX以降から導入されたFaceID機能ですが、実はトラブルが止まない程不具合が多発しているのです。
使えなくなってしまう要因はいくつかありますが、その中でも「使えなくなってしまう主な原因」と「FaceIDが使えなくなった時の対処法」をお教えしたいと思います!

 

 


何故FaceIDが使えなくなってしまったのか?




FaceIDは元々画像の様に8個の部品が連携して使える機能です。

総称して「 truedepthカメラ」と呼ばれています。
iPhoneXから初めて使える様になった機能で、指紋センサーの代わりで導入された機構です。

このFaceIDが使えなくなる原因はなんなのかを解説していこうと思います。

 

 

 

 

外部からの衝撃




一番考えられる安直な原因ではありますが、実は truedepthカメラは衝撃に弱い特徴をもっています。

当店で修理でお越しになるお客様で、画面修理をする際に初めからFaceIDが使えなくなっている端末をよくお見掛けします。
truedepthカメラはインカメラ周辺に組み込まれている為、その周辺に衝撃を加えてしまうと、一回だけとしても使えなくなってしまう場合もあります。

 

 

 

 

水濡れ(水没)による故障




iPhoneX以降は耐水性能レベルがIP67以上を有しています。

なので、外部からの水濡れにはそれなりに強いのが特徴です。
が、しかし、一部盲点とも言うべき弱点があります。

それは、「耳に当てるスピーカーの網目です」!

ここ結構水が浸入してしまう事が多く、FaceIDが使えなくなる方が多発しているのです。
しかも、厄介なのが、FaceIDが使えなくなるだけでなく、「リンゴループ」になり起動出来なくなる場合もあります!

水濡れに非常に弱い部分なので、十分注意が必要です!

 

参考記事 : 水没によるFaceIDが使えなくなる故障が多発中!!

 

 

 

 

システム障害によるエラー




iOSの不具合によるバグによって起こる読み込まない不具合も存在します。

これに関しては、 truedepthカメラが壊れた時に起こる"FaceIDがアクティベートできません"の表示が出ない為
具体的な原因が全く分かりません。

そして、お客様の特徴として、端末は非常に綺麗なままの方が大半です。

しかも、いつ起こるのか全く予兆がなく、突然使えなくなる(読み込まなくなる)のです。

一度読み込まなくなると、ロック画面のカギのマークが全く動かない・LINEロック画面でひたすらグルグルしている等
一切使用できない状況に陥ります。

 

 

 

 

 

 

 

FaceIDが使えなくなった時の対処法




FaceIDが使えなくなった時の解決できるかもしれない方法としては3つあります。
初歩的な方法ではありますが、修理屋目線で確実に効果がある方法なので、是非試してください。

 

 

 

①強制再起動


iPhone8以降の強制再起動


まず初歩的な対処法として、端末自体を強制的に再起動を試してください。

iPhoneに起こった軽いバグに関してはこの方法で解消されます。
再起動の方法は端末によって異なりますので、Apple公式ホームページをご覧ください。

 

 

 

 


②FaceIDをリセット




現在登録しているFaceIDを一度消去して新たに登録をやり直してください。

一時的なバグであれば、FaceIDリセットして解消できる場合があります。

 

【FaceIDをリセットする方法】

Face IDをリセットするには、「設定」のアプリを開きます。

次にFace IDとパスコードとタップし、パスコードを入力し、Face IDをリセットをタップすれば、Face IDがリセットされます。

 

一度リセットして読み込んでくれれば、再度使える場合があります。

 


 

③OSのアップデート




最新バージョンではない方は、OSのアップデートを行いましょう。

アップデートする事で、バグも修正されて通常通り使用出来る様になるかもしれません。
OSのアップデートはiTunesで行うか、Wi-Fiに繋げて端末本体でアップデートも可能です。

アップデートする際の注意点は、必ず容量をある程度開けていてください!
容量が一杯のままアップデートしてしまうと、「リンゴループ」になって初期化しないと使えなくなってしまいます。

参考記事 : iPhone の 容量 が 不足 している場合に起こる トラブル と 対処法

 

 

 

それでも解消しない場合は?




上記の内容を全て行っても解決しない場合は、内部のハードウェアに問題がある可能性が高いと思われます。

 

《"FaceIDをアクティベートできません"が表示されている場合》
truedepthカメラの破損の為AppleStoreで本体交換をしなければ使用できません。

 

《"FaceIDをアクティベートできません"の表示がないのに使用できない場合》
この場合は【初期化】を行う必要があります。
データのバックアップ等手間は掛かりますが、これが最も効果的な方法です!

初期化でも解消しない場合は、、、、、AppleStoreで本体交換をしてください。。。。

 

 


最後に




iPhoneX以降で採用されているFaceIDで一番不具合を起こしているモデルは【iPhoneX】です。

初めて採用されている機構なので、まだまだ未完成な技術です。
その為不具合も多々報告されています。

FaceIDは、その設計上、非常に繊細な部分なので、十分気を付けて使用してください!
一度壊れてしまうと修理で改善する事は不可能です。

水濡れにも弱いので、お風呂で使用されている方は早急に止めてくださいね(;´∀`)

今日のブログはここまで!
それでは(@^^)/~~~