TOP > iPad修理コラム > ブログタイトル
iPad修理コラム

iPad Pro バリバリの画面割れにはフレーム修正(無料)も必須!2019.12.18

iPad Pro 今回は結構バリバリに割れています!


iPhone修理ジャパン秋葉原店です!

今回お持ちいただいたiPad Proの修理のご紹介です。

割れたまま我慢して使い続けていたものの、限界がきて修理に出すことに。
写真右上はガラスが剥がれ落ちて内部が見えてしまっていますね。


落下の衝撃で四隅が潰れています。


iPad Proは大きな画面の代償として落下時の端末への衝撃はiPhoneの比にはなりません。

そのため一度落としてしまっただけでもバッキバキに画面が割れることもしばしば。

持ち運びの際には十分に注意したいところです。

出来れば屋内での使用を推奨したいですね。ケースで保護するのも有効です。

新しいiPadを購入するよりも安く済みますよ。

 


フレームの修正


このままだと新しいガラスがきれいに入らないので、角を少しずつ叩いて調節します。

iPadの画面修理ではフレーム修正は基本的に必須。

少しずつ丁寧にフレーム修正を行っていきます。

また、衝撃によって小さいパーツにもダメージが入っていないかしっかりと確認。

フレームについてしまった傷は消えませんが、この後ガラスがしっかりと収まるようになります。



実はiPadの内部の大部分はこのようにバッテリーで占めています。

衝撃でバッテリーが膨張すると危険ですので、やはり衝撃には気を付けるのが賢明ですね。

新しい画面を装着!


ホームボタンを移植した新しい画面をはめ込みます。

フレームやその他付属パーツが問題ないか確認していきます。

修理屋さんとしては一番緊張する瞬間でもあります。



しっかりとガラスが収まりました。
新しい画面はやっぱり綺麗ですね。

あとはしっかりと圧着を行い、動作確認をするのみ。



問題なく起動!

割れている時と比べるとかなりの違いですね。
これでスライドした時に割れた画面で指を切る心配がなくなりました。

修理後にしっかりと動作確認を行い、操作もバッチリです。

ご来店ありがとうございました。