TOP > iPad修理コラム
iPad修理コラム

iPad mini のガラス割れ修理も即日!2020.07.09

こんにちは、iPhone修理ジャパン新宿店スタッフTです!


今回は、iPad mini のガラス割れ修理のご紹介です。


iPad mini は、持ち歩きに便利なサイズで、長くご愛用の方も多い人気の機種です。

現在発売されているモデルは第5世代となり進化を続けていますが、今回はmini初代の修理のご依頼をいただきました!


状態確認


お持ちいただいたiPad mini (初代)は、持っていてそのまま縦に落としてしまったそうで割れは下部に集中していました。

右下の角に細かい割れと、そこからホームボタンを囲むように亀裂が入った状態でした。また、少しフレームの凹みも見られます。

それでも、幸いなことに液晶やホームボタンの機能には影響がなく、そのほかの動作確認も問題ありませんでしたので

今回はガラス割れ修理のみでご依頼を承りました!

 

デジタイザー交換


iPadは、まず画面を本体からはずす作業から始めます。デジタイザーの白枠・黒枠の部分が粘着テープで固定されているので、内部の液晶やカメラ、そのほかのパーツを傷つけないように注意深く開いていきます。



デジタイザーの粘着をはずして下側のケーブルが繋がったまま本体から開くと、液晶がネジで固定されています。4本のネジをはずし、液晶もデジタイザーと同じ方向に開くことが出来ますが、ここで特に慎重な作業が必要になります!

液晶の裏側がさらにテープで固定されているので、そのまま持ち上げることができません。上側の隙間から薄く長いヘラで液晶の裏の両端のテープを全てはずし、ようやく開くことができます。このとき液晶に衝撃を与えてしまうと、表示に影響が出たり、割れてしまったりすることもあるので慎重に行います。



miniの特徴的な構造として、この銀パネルがあります。このパネルを取らないと、バッテリーをはじめデジタイザーや液晶のコネクタをはずすことはできません。miniの端末のサイズに対してかなり多くのネジで固定されていますので、しっかり管理しておきます。ネジを全てはずしたら、内部に気を付けてパネルを取り出します。

バッテリー、液晶、デジタイザーの順にコネクタをはずし、液晶とデジタイザーを取り外します。



あとは新しいデジタイザーを用意し、交換します。

今回のiPad miniのように指紋認証機能のない機種の場合、新しいデジタイザーがホームボタンの付いているものであれば、ほかの機種のようなホームボタンの移植は必要ありません

また、お預かり時の状態確認で一部フレームの凹みが見られたので、新しい画面がしっかり納まるかどうかも閉じる前に確認し、必要があればフレーム修正や歪み直しを行います。デジタイザーを本体に合わせて確認したところ、今回は修正の必要はありませんでした!

本体側にガラスの破片ほか異物が残っていないかしっかり確認した上、新しいデジタイザーと元々の液晶を繋げ、ここまでの作業と逆の順序で端末を組み立てていきます。

フレームの歪みや異物が残っていると、画面を閉じたときにしっかり着かなかったり、ガラスが割れてしまったりという恐れもあるので、組み立て前の確認はとても重要です。

 

動作確認と圧着


交換修理の作業が終わったら、いつものように動作確認を行います。今回はデジタイザー交換なので、まずはタッチ操作ホームボタンの確認など画面に関わる部分について念入りにチェックし、そしてそのほかの機能についても動作チェックをします。

問題なく動作確認ができたら、本体と画面の間の粘着をより強めるため圧着します。



iPadの圧着にはお時間をいただき、しっかり画面が固定されたら修理完了です!

当店では、お渡しの際にお客様ご自身での動作チェックもお願いしております。見た目や操作感、もちろん機能についても、いつも使っている感じでしっかりとご確認いただき、納得いただいたうえでお返ししております。

今回のお客様には「綺麗になって良かった!!操作も快適です!」と喜んでいただけて、こちらも嬉しい限りです!ご来店いただきありがとうございました!

 

当店ではiPadの画面修理やバッテリー交換も随時受付しております。


即日での対応もしておりますので、お困りでしたら是非ご相談ください(^^)/


対応機種のお問い合わせやお見積り、ご予約などはお電話でも承っております。


お気軽にご利用下さい♪


iPhone修理ジャパン

充電器の先が折れて充電が出来ない。30分で取り出します!2020.07.03

稀にある症状の中で、一段と特殊なお問い合わせが、

「充電器の先が折れて充電が出来ない」


充電器を挿したまま端末を落下させてしまった場合などに先端が折れて充電口に詰まってしまう状態です。

こうなると充電が出来なくなるので地味に致命傷になります。

しかも充電口は基本充電器が抜けないようしっかりと固定される設計の為、

取り除くのは至難の業となります。

~当店なら30分で取り出せます!!~




iPhoneよりもiPadで多発しております。

この状態だと引っ掛ける部分もなく穴をあけようにも金属部分が邪魔をしてうまく開けれません。

しかし当店は内部の構造を把握している為取り出すことが可能です。





重要なのはただ取り出すだけではなく、

「取り出した後充電が正常に使用できないと意味がありません。」

中には接着剤などを使用して取り出す方法などが紹介されていたりしますが、

iPadに関してはあまり意味が無いです。

むしろ取り出せたとしても接着剤が悪影響を及ぼし充電口が故障する2次災害が起きる可能性があるため危険です。

 

~当店にご相談ください~


ご自身で何とかしようと手を加えてしまうと、直せるものも直せなくなってしまう可能性が御座います。

あまり手を加えずに当店へご相談ください。

 

iPhone修理ジャパン新宿店


営業時間 11:00~20:00


お問い合わせ 0120-935-501

iPad7液晶交換♪2020.06.12

こんにちは!iPhone修理ジャパン川越店です!


今回ご紹介するのは


iPad7!!


の、液晶交換です!


iPadは強い粘着で圧着されている


iPhoneはツメがついており、引っ掛けるように組み込むタイプが基本で、

粘着テープがついている6s以降の端末も比較的テープは弱めです。

 

耐水テープとも呼ばれるiPhoneのテープ


ここで豆知識!先程説明した6s以降の粘着テープですが、別名「耐水テープ」と呼ばれております。

ツメでパネルとフレームは組み立てられておりますが、隙間をこのテープがあるおかげでなくしており、

水没しにくくなっております。水に強いテープです。ただし、経年劣化などでテープの効力は弱まっていきますので

水没には十分気をつけましょう!水没しない!わけではなく、あくまで【耐水】です!!

 

iPadは耐水テープではなく、パネルとフレームをしっかり圧着させるためのテープ


iPhoneと違いiPadはツメがついてなく、パネルをしっかりくっつけるため

強い粘着テープが周りについておりますが、耐水テープとはまた違うので注意しましょう。

 

iPadの修理はガラス剥がしが鬼門!!


iPadの表面ガラス【デジタイザー】は上記で説明した粘着テープががっちりついておりますので

剥がすのに時間がかかります。

また、バッテリー交換や液晶のみの交換の場合、デジタイザーを割らずに剥がす事が必要なので

難易度は高め!!

 

まずは端末を温める


その鬼門となるガラスを剥がすのに欠かせないことが

まず温めることです。粘着は熱に弱いのである程度温めることにより剥がしやすくします。

温めすぎは基板などを故障させてしまう恐れがあるので注意!!!

 

ガラスを綺麗に剥がし、液晶を交換する


今回は液晶のみの交換なので

デジタイザーを剥がした後は液晶を交換するのみです!


バッテリーは切っておく


バッテリーコネクタを付けているままでの作業は

ショートさせてしまう可能性があるのでピックなどでコネクタを浮かせます。


液晶を交換して動作確認を行ったら完了です!!


デジタイザー交換の場合は粘着テープを新しいデジタイザーにつけるので

フレーム部分の粘着部分をしっかり取る必要がありますが、

バッテリー交換や液晶交換の場合は粘着をきれいに取り除くとしっかり圧着することができなくなってしまいます。

大きな粘着のゴミや汚い部分を取り除き、取れてしまった粘着部分はiPad専用の接着剤で補正します。



当店はiPhoneだけでなくiPadも修理可能です!

お早めにご来店して頂くと即日修理可能です!!

ぜひご依頼下さいませ♪