TOP > iPad修理コラム
iPad修理コラム

iPadの画面がおかしくなった!ガラス割れと液晶割れの見分け方。2021.01.22

みなさんはiPadはお使いでしょうか?

お子様用に使われていたり、もちろんお仕事での利用や

映画鑑賞や絵を描いたりなんて用途にも使われたり、とっても幅広く使われているiPad。

 

最新機種のiPadの値段はとっても格安で【34800+税~】という破格で販売されていて

使用用途がはっきりしていないにも関わらず欲しくなっちゃう値段です。

 

そんなiPadですが、精密機器なので不具合は起こってしまうもの。不意な事故なんてものもありますしね。

なんだかやたら動きが遅かったり、うまくタップしても反応しないだとかはiPhoneでもありますよね。

大体は再起動や初期化、システムのアップデートで改善することが多いのですが、

 

「iPadを落としてガラスが割れてしまった」

「iPadに水が掛かってからなんだか調子がおかしい」

などなど。外傷はもちろんなのですが、動きが安定しないだとか。

iPadの画面の不具合などが再起動や初期化でも直らないなんてときは

パーツが壊れちゃっているかもしれません。

 

今回ご紹介したいのは、

iPadの液晶破損はどんな状態を言うのか?というところです。

 

ガラス割れと液晶割れって、なかなか判断が難しくて

この割れ方でも液晶修理になっちゃうの!?ってこともしばしばあります。

 
液晶破損の代表的な例

 

iPad6 液晶交換 水没修理

 

こちらの写真が液晶破損を起こしているiPadの写真です。

黒い線やら縦線やら、画面に多くのノイズが入ってしまってロック画面を見ることが出来ない状態ですね。

縦線や横線などが入ってしまう理由としては

液晶についている液晶制御用のチップが衝撃や、水濡れで破損してしまった場合に起こってしまう症状です。

こちらは線が入っているパターンになるのですが、他にも黒いにじみやシミなどが出来てしまう液晶破損のパターンもあります。

黒いにじみに関しては液晶漏れといって液晶面自体に破損がある場合に起こる症状です。

 

こちらのiPadは水に濡れ、すぐは大丈夫だったのでそのまま使用していたようなのですが

時間が経つにつれ、段々と液晶表示がおかしくなってしまったとのこと。

だんだんと液晶制御用のチップの腐食が進んでしまったのでしょう。

iPadは水気に本当に弱く、例えば加湿器のそばにおいておいただけで水没した例もあるんです。

 

 
ガラス割れの例

 



画面にガラス割れのヒビが入っているが、タッチ操作に問題がないもの。

液晶もしっかり表示されているものに関してはガラスが割れているだけになります。

たまにフィルムを貼ったことを忘れて、フィルムが割れているだけということもありますのでそこも要確認です!

「ガラス割れてるだけで使えるから」と言ってそのまま使用していると、

ガラス片が液晶に当たり液晶破損を引き起こす可能性もあります。

そうなるとガラス交換+液晶交換にもなりかねませんので、ガラス割れの段階での修理がおすすめですよ。

 

iPadの場合はガラス割れだけでも、機種によってはガラスと液晶が一体型のパネルが使用されているものもありますので注意。

この写真は本当に少ししか割れていませんが、大きく割れていても液晶に異常がなければ、

問題なくガラス交換で修理が可能です。

 
今回のまとめ

 

※1タッチできない

❏画面が表示されない

❏色合いが普通と違う。変な色になっている

❏墨汁を垂らしたような感じで画面が滲んでいる

❏縦線や横線、白や黒などの線、カラフルな線が表示されている

 

上記のどれが一つでも当てはまるようなら、液晶交換の可能性が高いです。

(※1のみが当てはまる場合、機種によってはガラス交換のみで直るかも)

 

ガラス割れなのか液晶割れなのか、

判断がつかない場合にお役に立てればと思います!

 

 

iPhoneケース入荷しました!2021.01.18

こんにちは!iPhone修理ジャパン新小岩店です💁

 

スマートフォンアクセサリーが入荷いたしました💛

 

990円 iPhoneケース

  

 

iPhone6/6+/6s/6s+/X/XS

で使えるケースです😀

 

その他スマホ関連グッツたくさん取り扱ってiますので

お気軽にご来店ください🙌

 



 

iPadの電源ボタンが陥没して押せないトラブルも即日で解決!!2020.09.17

iPad Air3のボタン陥没修理も承ります!




iPhone修理ジャパン渋谷店です。

本日はiPadの「電源ボタン陥没」の修理でご依頼がありましたので、本日はこちらの修理をご紹介いたします。

電源ボタンの陥没なんて、しょっちゅうあるトラブルではありませんが、陥没修理を実際出来る店舗がかなり少ないです。
しかも今回は【Air3】の陥没修理なので、かなりレア案件です(^^♪

 

 

これは紹介せずにはいられない!!!と言う訳で、早速ご紹介しましょう!

 

 

 

 

 

電源ボタンが陥没してしまったiPadAir3




お持ち込みの時の状態です。

落とした時に電源ボタンの部分から落としてしまい、フレームが内側に凹んでいる状態でお持ち込みされました。

動作確認して見ると、全く押せませんでした(-_-;)

この状態ですと、フレームは凹んでいるせいでボタンが干渉しているのが原因なので、フレーム修正が必要です。

 

 

 

 

まずは分解から




では、パネルを外して修理した行きたいと思います。

修理していく部分を拡大して見ましょう。

 

 

 

 



こちらが電源ボタンの位置です。

見ての通りフレームが歪んでいるのが分かりますね。

今回は部品の使用は一切使いません!

フレームが内側に凹んでいるので、直接フレームを外側に矢印の方で打ち込んで修正させていきます。(荒業ですんません)

 

この方法が端末の外側に傷をつけずに修正できる唯一の方法です。

修正には少々パワーを使いますが・・・・・

 

 

 

 


歪みと戦うこと10分




修正後の画像です。

・・・・・見た目が余り分からないかもしれませんが、これでもかなり直線に戻っているんです!(`・ω・´)

かなり強く打ちこんでみましたが、結果は成功しました!

外したインカメラ等を全て元に戻して、ボタンの動作を確認します。

 

 

 

 

 

元の状態へ戻し動作確認




修理前は全く動作しなかった電源ボタン。

フレーム修正をする前は電源のオン/オフすら出来なかったのですが、さてどうでしょう・・・???

 

 

 

 



















 

カチッと一発




フレームを修正したことにより、フレームとボタンの歪みが無くなったので、スムーズに押せるようになりました!!
(画像じゃ分かりにくいですが(;´・ω・))

フレームの歪み自体は歪みをの矯正してしまえば陥没は修理可能です!

今回の修理に掛かった時間は1時間程で完了しました。
端末にも傷は最小限に留める事が出来ました!

 

 

 

 

 

最後に




iPadのフレーム修正はどこの店舗でも出来る修理ではありません!

修理の経験豊富なベテランだからこそなせる業と言っても過言ではありません!

作業でも即日で終わらせることができる実績と自信があるからこそ出来る作業と言えると自負しております!

もちろん修正し切れない歪みと言うのもありますので、100%修復する事が出来ない場合もございます。
まずは一度ご来店頂き、店頭で状態を見せて頂いた後修理させて頂きます。

どの様な故障も諦めずにまずはご来店ください!
出来る限り修理させて頂きます!

 

 

本日のブログはここまで!
それでは!!