TOP > iPad修理コラム > ブログタイトル
iPad修理コラム

iPad4 ガラス割れは90分で直るってホント?2019.12.02

iPad4 ガラス破損でご来店【秋葉原店】


iPhone修理ジャパン秋葉原店スタッフDです!

本日は久々にiPad4の画面割れ修理のご依頼を頂いたので、ご紹介させて頂きます。

 

お持ち込み時の状態




ご来店された際の端末の状態をご説明します。

主に割れていた部分は、ホームボタンの周りの破損が酷い状態でした。

幸い、ホームボタン自体は稼働していて、液晶も無傷の状態でしたので、表面のガラスのみの修を行っていきます。

 


【iPad4はiPad3と構造は同じ?】




iPad4は、2012年10月にiPadminiと同時に発表されたモデルです。
旧機種のiPad3と比較すると、充電コネクターの部分が「ドックコネクター」から「ライトニングコネクター」を初めて
採用した機種でもあります。

メインCPUも「A5」から「A6」にグレードアップされており、グラフィック処理能力が2倍に向上されています。
カメラ性能に関しては、インカメラ解像度が120万画素、HDの720p動画撮影にも対応しています。
ストレージは従来機種と同様に16・32・64GBまでの3種類で発売されましたが、翌年2013年2月に128GBモデルが追加されています。
その他のスペックの変更点は、iPad3と同じで変更はありません。

分解手順も、iPad3と全く同じで、中身を見ても、基盤の形や、ケーブルの種類に至るまで、殆どiPad3と同じ作りになっています。
当時iPad2~4に関しては、マイナーチェンジモデルとして開発されたモノになるので、流用部品が非常に多く使われています。

販売価格も、Wi-Fiモデルで4万円台~6万円台、セルラーモデルで5万円台~7万円台で販売され、Softbankとauの2キャリアで取り扱いを開始されています。
このマイナーチェンジの流れは、今でも受け継がれており、iPadAir・iPad5・iPad6を始め、iPadmini・mini2・mini3では構造を同じにして、液晶・ホームボタンの変更・CPUの変更・充電コネクターの仕様変更以外は流用部品が多くなっています。

これをする理由としては、生産コストを安くできる利点があるのと、Apple側からすれば余った部品を使いまわせるので一石二鳥と言う訳です。(iPadProシリーズは専用の部品で作られているので共用のパーツがありません)

iPad4は7年前のモデルになりますが、現在では安価で手に入るので、学校の教材で使用されたり、企業端末として使われています。

 

以上がiPad4の解説になります。

 

それでは修理の方に戻りたいと思います(^_-)-☆

 

 

 

意外とパネルを外すのに苦労するiPad4




作業は他のiPadと同じく、粘着テープから剥がす作業を行っていきます。

iPad4の作業、実はこのパネルを剥がす作業が、Airやminiに比べると意外と苦労します(;^_^A

理由としては、パネルのタッチ部分の周りの枠の幅が広い為、テープの粘着範囲が広く、工具を使って剥がす際に
かなり奥の方まで差し込まないと上手く剥がす事が難しいのです。
(旧機種によくある構造なんですけどね・・・・(;´∀`))

 



剥がし終えた後の残骸です。

ホームボタン周りがバキバキだったので、剥がした途端ポロポロ取れる取れる・・・・
ケーブルは無傷でしたが、ホームボタンだけ取れちゃいました。
細かく割れている場合は、このようにバラけてしまうのですが、あとでこれは綺麗に破片を取り除いて
再利用できるので、こんな状態になっても大丈夫です(。-`ω-)b

 


液晶を取り外します




次に液晶単体を取り外していきます。

液晶の周りで固定されているビスを4本外していきます。

 

 



液晶のコネクターは、バッテリーのすぐ横にあります。
上に付いているテープを外して、ピンを持ち上げて、コネクターを外します。

 

 

 

タッチパネルを外す




次にタッチパネルを外していきます。

先程の液晶の様に、ピンを上に持ち上げて、コネクターを外します。
ここのケーブルは、コネクターを外した後は、少しテープで固定されている部分になりますが、
ゆっくり持ち上げて外していけば、簡単に外す事が出来ます。

 

 

ホームボタン移植、破片の除去をして組み付け




部品を全て外した後は、新しいパネルにホームボタンを移植し、本体側の粘着テープを全て取り除いて
組み上げ作業を行います。

作業をしながら、破片の残骸がないか確認しながら組み付けていきます。

 

 

組み上げたら動作確認




しっかり組みあがったら、タッチ操作・ホームボタンの動作確認を行います。

パネルがしっかりフレームに収まっているのかどうかもチェックしていきます。
それらをチェックして問題なければ、作業は完了です(^_-)-☆

作業時間は90分程度で完了しました。

iPad4は画面以外ではバッテリーや充電コネクターの修理なども行っております。
水没や電源ボタンの修理も出来ます!

お困りの方は是非秋葉原店におまかせください!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪