TOP > iPad修理コラム > ブログタイトル
iPad修理コラム

iPad7液晶交換♪2020.06.12

こんにちは!iPhone修理ジャパン川越店です!


今回ご紹介するのは


iPad7!!


の、液晶交換です!


iPadは強い粘着で圧着されている


iPhoneはツメがついており、引っ掛けるように組み込むタイプが基本で、

粘着テープがついている6s以降の端末も比較的テープは弱めです。

 

耐水テープとも呼ばれるiPhoneのテープ


ここで豆知識!先程説明した6s以降の粘着テープですが、別名「耐水テープ」と呼ばれております。

ツメでパネルとフレームは組み立てられておりますが、隙間をこのテープがあるおかげでなくしており、

水没しにくくなっております。水に強いテープです。ただし、経年劣化などでテープの効力は弱まっていきますので

水没には十分気をつけましょう!水没しない!わけではなく、あくまで【耐水】です!!

 

iPadは耐水テープではなく、パネルとフレームをしっかり圧着させるためのテープ


iPhoneと違いiPadはツメがついてなく、パネルをしっかりくっつけるため

強い粘着テープが周りについておりますが、耐水テープとはまた違うので注意しましょう。

 

iPadの修理はガラス剥がしが鬼門!!


iPadの表面ガラス【デジタイザー】は上記で説明した粘着テープががっちりついておりますので

剥がすのに時間がかかります。

また、バッテリー交換や液晶のみの交換の場合、デジタイザーを割らずに剥がす事が必要なので

難易度は高め!!

 

まずは端末を温める


その鬼門となるガラスを剥がすのに欠かせないことが

まず温めることです。粘着は熱に弱いのである程度温めることにより剥がしやすくします。

温めすぎは基板などを故障させてしまう恐れがあるので注意!!!

 

ガラスを綺麗に剥がし、液晶を交換する


今回は液晶のみの交換なので

デジタイザーを剥がした後は液晶を交換するのみです!


バッテリーは切っておく


バッテリーコネクタを付けているままでの作業は

ショートさせてしまう可能性があるのでピックなどでコネクタを浮かせます。


液晶を交換して動作確認を行ったら完了です!!


デジタイザー交換の場合は粘着テープを新しいデジタイザーにつけるので

フレーム部分の粘着部分をしっかり取る必要がありますが、

バッテリー交換や液晶交換の場合は粘着をきれいに取り除くとしっかり圧着することができなくなってしまいます。

大きな粘着のゴミや汚い部分を取り除き、取れてしまった粘着部分はiPad専用の接着剤で補正します。



当店はiPhoneだけでなくiPadも修理可能です!

お早めにご来店して頂くと即日修理可能です!!

ぜひご依頼下さいませ♪