TOP > 池袋店 > 池袋店スタッフブログ > AirPods Max発表!…しかし
池袋店
スタッフブログ

AirPods Max発表!…しかし2020.12.09

AirPods Max発表!…しかし




今朝からTwitterのトレンドを総なめしている

「AirPods Max」

今までのイヤホンタイプから、ヘッドホンタイプへ。
進化というよりもバリエーションモデルですね。

これでAirPodsも合計で3タイプになりました。

オープン型イヤホン+無線充電ケースのAirPods第二世代

インナーイヤー型+ノイズキャンセル+無線充電ケースのAirPods Pro

オーバーヘッド型+ノイズキャンセルのAirPods Max

しかし、このAirPods Max
私個人の感想も然ることながら、SNSでの賛否が分かれています。

スペックがいいのはわかるけど61,800円(税抜)




そもそもオーディオ機器とスマートフォンなどの精密機器は似て非なる別ジャンルの製品です。
元来オーディオ機器は値段と価値の振り幅が大きい趣味の世界。

つまり総じてオーディオ機器への心得がなければ値段が高く感じるものです。

例えば「61,800円ならiPhoneSE(2020)が買えちゃうな…」とか、そんなことは考えてはいけません。
だってこのAirPods Maxは音楽を聴くためだけの道具なんですから、それだけのための61,800円なんです。

…もう耳が溶けるような最高峰の視聴体験が約束されているに違いありません。

気になる仕様




ここでAirPods Maxの仕様を見ていきましょう

・Bluetooth5.0
・40mmの大型ドライバ(Apple設計)
・アクティブノイズキャンセリング
・5つのセンサー(光学、モーションセンサーなど)
・9つのマイク(ノイズキャンセリングを正確にするため)
・デジタルクラウン(AppleWatchでお馴染みのやつ)
・最大20時間の連続稼働
・Lightning端子搭載

などなど、トレンド全部盛りって感じですが…



……

………

・Lightning端子搭載


また、Lightning端子なんですね。

iPadProシリーズがUSB-Cに変わったとき全人類が感じたことでしょう
「独自規格が終わる」

しかし、これはまやかしでした。
今回もLightningです。

勿論AirPodsはすべてLightning充電がメインだったので、当たり前といえば当たり前なんですけども。
SNSでは「6万超えるアクセサリーにLightning端子はちょっと…」という意見もチラホラ。

実際、iPhoneやiPadの充電端子の故障修理で頂く御話の殆どは
「純正Lightningケーブルは高いから、互換品を使っていた」
というものが殆ど、なんだかやるせない気持ちになる瞬間です。

つまりあまり求められていない規格を続けている結果、故障も多くなってしまうわけですから…

一番の難点は「見た目」かも




初代のAirPodsでは散々「耳からうどん」と言われ
テックメディアではライターに「耳からうどん表現禁止」がされたなんて都市伝説を生むほど。
更にiPhone11Proでは「ボトムズ」「タピオカ」なんてものも。

揶揄する表現に富んだ製品の座を欲しい物にしてきた近年のAppleですが
今回も個人的には「耳にApple Watch」といった感じです。

その要因は確実にデジタルクラウンですね。

AirPods Maxではデジタルクラウンで音量の調整や曲送りにSiriの呼び出しなどが可能とのこと。
…しかしAirPodsやProではタッチ操作で出来たものです。

実際に使ってみなければわからない部分ではありますが…
このデジタルクラウンの位置は、装着しながらの操作が難しいのではないか…と感じたり。

大抵の場合、無線ヘッドフォンの操作系はイヤーパッドの側面にあることが殆どです。
しかもクリクリとツマミを回すデジタルクラウンではなく、ボタンやタッチパッド。

個人的にはどうせならiPodみたいにクリックホイールを側面にデカデカと配置しちゃえばよかったのに、とすら感じます。
ポケットの中で簡単に操作できたクリックホイールなら、盤面を見ずに操作出来るはず。

散々言っては見たものの話題性は抜群


今日日、ヘッドフォンが発売になるだけでトレンドを総なめにするブランドはなかなかありません。
だって音楽を聴くだけの道具ですからね、何者も生かすも殺すもしない趣味趣向の世界の製品です。

それだけApple製品に対する期待値が抜群に高い証拠でもあり、このブランド力に勝るものはないでしょう。

どれだけ価格が見合うか、デザインや機能性がどうか
ひと目で気になる製品の魅力にホリデーシーズンの加速度は一気に急上昇間違いなし。

普段はあまりApple製品に興味がないスタッフSも見てみたい気持ちになりました。