TOP > 新宿店 > 新宿店スタッフブログ > iPhoneの近接センサーとは?壊れたらどうする?故障原因と対処法について
新宿店
スタッフブログ

iPhoneの近接センサーとは?壊れたらどうする?故障原因と対処法について2020.04.22

近接センサーが故障したらどうすればいい?解決策をご紹介


近接センサーの位置

通話中に電話が突然切れてしまったり、iPhoneの画面がいきなり真っ暗になってしまった…というご経験はございますか?

これらは近接センサーの故障が原因で起こりうる症状です。

近接センサーはiPhoneのセンサーの中でも、故障が多い部品でもあります。

今回はiPhoneの近接センサーとは何なのかという説明から、故障の原因や症状、解決策についてご紹介していきます。現在の不具合が近接センサーによるものであるか確認する方法についても併せてまとめておりますので、ご参考ください。

 

iPhoneの近接センサーとは?


iPhoneの近接センサーってなんだろう?

Apple製品について詳しい方であっても、センサーまで知っている方は意外と多くありません。

電子機器に精通している方であればご存知かもしれませんが、iPhoneの近接センサーはiPhoneディスプレイ側上部の中央に搭載されている小さな丸穴のことです。

近接センサーは通話時に活躍します。

電話をするとき、声が出るイヤースピーカーの部分に耳を当てますよね?

その時に、頬がディスプレイ面に触れるかと思いますが、なぜかiPhoneのタッチが反応しません。

実はこれ、近接センサーのおかげなんです。

iPhoneの近接センサーは赤外線で物体を検知し、センサーが塞がれた場合に画面をオフに切り替えます。

そのため、電話中に画面を誤操作してしまうことが無いわけですね。

iPhoneの通話中に指で近接センサーを塞いでみてください。画面がスッと暗転します。

そして指を放すと、画面が点灯します。近接センサーの画面オン・オフが機能していることがよくわかります。

 

よくある故障原因


近接センサーのよくある故障原因は大きく分けて3つ。

・iPhoneの落下による衝撃

・水没によってセンサーや回路が破損する

・一時的な不具合

こちら3つとなります。特に落下による衝撃、水没に関しては心当たりがある場合、近接センサーが故障している可能性が高いです。後述する故障の確認箇所をチェックしても、解決できなかった場合には近接センサーの交換修理が出来るiPhoneの修理店に相談してみることをお勧めします。

一時的な不具合であれば後述する対処法を試してみて、改善するか確認してみましょう。

 

近接センサーの不具合の症状


続いては近接センサーが不具合を起こしている場合、どんな症状が出るのかご紹介していきます。

前述の通り、近接センサーの役割は通話時の誤操作防止ですので、通話中にセンサーを塞いで画面のオン・オフが切り替らない場合は近接センサーが不具合を起こしていると言えます。不具合を具体的に説明すると以下のような症状が出る場合は近接センサーの不調と言えます。

・電話中に近接センサーを塞いでみて画面が暗くならない。

・画面が暗くなるものの、センサーを塞いでいない状態でも画面が明るくならない。

上記2つの症状が出ている場合はセンサーが故障しているかどうか確かめる箇所をチェックしてみましょう。

 

本当に近接センサーの故障?確かめる箇所


近接センサーの不具合を確かめる

症状の不具合を確認した後、本当に近接センサーが故障しているか確かめる方法をご紹介いたします。

センサー付近のキズ・汚れをチェック、保護フィルムやガラスフィルムが干渉していないか確認、実際に通話して動作確認、と3つの箇所を確かめる必要があります。

ひとつひとつご紹介していきますので、該当するものがあれば改善することで、不具合を解消できるかもしれません。

 

センサー付近のキズ・汚れをチェック


まず、センサー周辺にキズや汚れが無いかチェックします。

近接センサーはiPhoneの画面側上部に搭載されているため、その周辺を遮るキズや汚れがある場合、センサーの赤外線が物体があると検知してしまいます。

すると、通話時の画面オン・オフが正常に行われないことがありますので、汚れがある場合には清潔なクロスできれいにふき取ります。

キズがある場合には、iPhoneのフロントパネルを交換する必要があるので、AppleサポートやiPhone修理店へ相談してみましょう。

 

保護フィルムやガラスフィルムが干渉していないか確認


画面を保護するために貼っているフィルムが近接センサーに干渉して、上手く動作していない可能性もあります。

特に、全面を覆うタイプのフィルムは気泡や埃が入ったり、貼るときに位置がズレていると近接センサーが正常に動作しなくなることが多いです。

一度フィルムを取り外して、動作に問題が無いか確認してみましょう。

 

実際に電話して動作を確認


最後は実際に電話をして、近接センサーが動く確認します。

電話先は時報や友人、知人、家族がいいでしょう。協力してくれる人を探すのが面倒な場合は「117」とダイヤルして、時報で通話すると素早く確認できます。

通話が始まったら、一度iPhoneを耳から放して、近接センサーを指で塞ぎます。

この時に画面が暗転し、指を放して画面が点灯するのを何度か確認します。

問題なく動けば、近接センサーに異常がないことがわかります。

また、iOS12以前の端末であれば、ボイスメモの録音音声を再生する際に近接センサーの確認が可能です。iOS13以降のiPhoneではボイスメモで近接センサーの動作チェックはできませんので、ご注意ください。

この動作確認が上手くできない場合には近接センサーが故障していますので、故障時の対処法をチェックしてみてください。

近接センサー以外の不具合と感じた場合にはiPhoneのセンサーについて、調べてみるのもいいかもしれません。関連記事にてiPhoneのセンサーをまとめていますので、チェックしてみましょう。

【関連記事】iPhoneのセンサーってどんなものがあるの?

 

故障時の対処法


対象法を試してみる

近接センサーの故障時の対処法はいくつかあります。

・デバイスを再起動する

・iOSをアップデートする

・iPhoneを初期化する

・パーツ交換する

以上4つの対処法がありますので、個別にご紹介していきます。

再起動、アップデート、初期化については近接センサーの一時的な不具合の場合に有効な対処法となります。

パーツ交換は近接センサーが物理的に壊れている場合に有効ですので、該当する故障原因に合わせてご参考ください。

 

デバイスを再起動する


一番手短で効果的な対処法がデバイスの再起動です。

iPhoneは電源を切らずに何日も使用していると、キャッシュなどの不要な一時データが溜まり、内蔵されているRAMやCPUに負荷がかかっていきます。

この負荷を一度リセットできるのが再起動ですので、iPhoneに何らかの不具合が起きた場合には、まず試してほしい対処法となります。

再起動の詳しい方法については関連記事にて詳細にご紹介していおりますので、ぜひご参考ください。

【関連記事】iPhoneの再起動が全ての不具合を解決する!?方法と解決しない時の対処法

 

iOSをアップデートする


一時的な不具合を解消する方法として、iOSのバージョンをアップデートするという選択肢もあります。

これはシステムファイルの破損や、そもそもバージョンが古くて近接センサーが上手く動作していないという原因を解消します。

iOSのアップデートは意外と簡単にできますので、関連記事から詳細をご覧ください。

【関連記事】iPhoneのiOSがアップデートが出来ない?時間やWi-Fiが無い場合はどうする?

 

iPhoneを初期化する


一時的な不具合を解決する最終手段が「iPhoneの初期化」です。

システムファイルの破損やバグが、アップデートでも取り除けない領域に達していた場合、初期化で改善することがあります。

事前に本体のデータやアプリのバックアップを取ったうえで、最後の手段として試してみることをお勧めします。

近接センサーはイヤホンやスピーカで通話することで、使わないということもできますので、どうしても近接センサーが使えないと困る、という場合に限って初期化するのが望ましいでしょう。

初期化についての詳しい方法は関連記事をご覧ください。

【関連記事】iPhoneを初期化(リセット)する方法を教えます。工場出荷時の状態とはどんな状態?

 

パーツ交換する


近接センサーが物理的に破損している場合はパーツ交換を行うことで、根本的な解決が可能です。パーツ交換はご自身で行うこともできますが、信頼できる修理店で修理することをお勧めしています。

ご自分でパーツ交換する場合は、iPhoneをさらに壊してしまった場合でも全て自己責任となり、最悪の場合iPhoneが二度と起動することが出来なくなってしまいます。

信頼できる修理店であれば、パーツの保証がついていて、熟練した技術の修理者にiPhoneの故障診断をしてもらえます。

iPhone修理ジャパンでも、近接センサーのパーツ交換はもちろん可能です。もしも近接センサーでお困りの場合はお気軽にご相談ください。

 

まとめ


iPhoneの近接センサーは故障すると、通話の時に誤操作されてしまったり、急に画面が暗くなってしまうため、何かと不便になってしまいます。

まずは故障原因について考察し、実際に近接センサーが故障しているのか確認してみてください。

一時的な不具合の場合には再起動やOSのバージョンアップデート、最終手段として初期化を試します。また、物理的な破損に関しては、パーツの交換修理を行いましょう。

近接センサーの不具合は、最悪iPhoneの起動不良、通称リンゴループの原因にもなります。

できるだけ早く対応を行い、iPhoneを普段通り使える状態に改善してくことが好ましいです。

無事に今まで通りiPhoneを使えるようになったら、定期的なiPhoneの再起動やデータの削除で一時的な不具合を起こりづらくすることができます。

一秒でも早くお手持ちのiPhoneの近接センサー故障が復旧することを祈っております!

それでは!