TOP > 新宿店 > 新宿店スタッフブログ > ”App Storeに接続できません”と表示された場合の解決策
新宿店
スタッフブログ

”App Storeに接続できません”と表示された場合の解決策2020.06.25

アップストアに接続できません?このポップアップが表示された場合にはどうすればいい?


 

App Storeとは


iPhoneで使用できる色々なアプリをダウンロードする場所です。今やダウンロードしていない人がいないくらいメジャーになったYoutubeやTikTokなどの動画を再生、共有するものからゲームなどのエンタメ、さらにはスケジュール管理などの生活関連など一生かかっても使いきれないくらいたくさんのアプリがここでダウンロードできます。



 

App Storeに接続できない場合の対処法


いざ使おうとAppStoreを開いてみると環境は問題がないのに「Appstoreに接続できません」の文字が。

iPhone本体の故障?それともiOSの不具合?それを今回詳しく見ていきましょう。

 

端末の再起動


長いこと再起動していない端末でしばらくAppStoreも使用していない状態のものはこういったトラブルが起こりやすいですね。そういった時は一番お手軽な方法、一度電源を落として再度起動させましょう。一時的な通信の不具合であればこの方法で接続できるようになっているはずです。

 

インターネットへの接続を確認


インターネットに接続されていない場合はまた別の表示が出ますが、極端に電波が入りにくい場所ではApp Storeは開かないことがあります。やっと開いたとしても電波状況が悪すぎて、アプリのダウンロードが途中で止まってしまうことも考えられるので、電波の届きにくい地下のイベント会場などでは使用できないこともあります。

電話回線でApp Storeを使う方は、月々の通信量が結構多い方だと思いますが、もし電話会社のプラン内の通信量を使い切って制限がかかっていると、なかなかページが表示されないこともあります。そんな時はwifiに接続して再度App Storeを開いてみましょう。

 

時刻と日付の確認


日付が狂ったりすることは非常に稀なんですが、時刻と日付がずれていると”電波が安定しない”と一部のサイトには書かれていたりしますね。余談ですが、時間がずれていたりするとなんとなく電池の消耗が早いような気がします。

しばらく使っていないiPhoneで時間設定が手動の場合は「設定」→「一般」→「日付と時刻」で時間を合わせましょう。自動設定をオンにすると現在の正確な時間になります。



 

Apple社のシステム状況を確認


時には端末の問題ではなくApp Store側の問題であることも。何年か前に長時間全員のiPhoneがApple Storeに接続できなくなりましたね。そういったことがまた起きているかもしれません。

アップル側システムに異常があるかどうかの確認はこちらから確認できます。
https://www.apple.com/jp/support/systemstatus/



 

Apple IDに再度サインインしてみる


一旦サインアウトした後すぐににサインインし直して見ると案外すんなりと接続できてしまうこともあります。
サインアウトは一瞬ですが、サインインする時はApple ID とパスワードを打ち込まなければいけませんのでサインアウトする前にご自身のApple IDは控えてパスワードも確認しておきましょう。



 

それでも上手くいかない場合はAppleサポートへ


ここまでやっても状況変わらずといった場合はやはり最終手段はサポートに連絡です。ここまで試してまだアップルサポートしかわからないことがあるのかは不明ですが、何か解決策を聞いてみない手はないので電話しましょう。

*ここで注意なのですが、スタッフによっては初期化を試すように指示してくるので、念の為バックアップを確実に取りましょう。どんな時でもデータは1番大事です。