TOP > 新宿店 > 新宿店スタッフブログ > iPhone 6s の充電ができない!バッテリーの劣化?ライトニングコネクタの故障?
新宿店
スタッフブログ

iPhone 6s の充電ができない!バッテリーの劣化?ライトニングコネクタの故障?2020.05.14

こんにちは!iPhone修理ジャパン新宿店スタッフTです(*^-^*)


今回は、iPhone 6s の充電ができない!というご相談でご来店がありましたのでご紹介いたします!


スマホを長く愛用していると、多かれ少なかれ使っていて気になる部分が出てくることと思います。

故障なのかちょっとした不具合なのか、それとも端末の経年劣化でもう寿命なのか、、、と、ご不安なときは是非当店へご相談ください!

早速、今回お持ち込みいただいたお客様のiPhone 6s の状態を詳しく確認しましょう。

 

まずは、お客様が感じている症状を詳しく伺います。


「充電ができない!」

という今の様子いつ頃から感じていたか、そして何か予兆はあったかどうかなどなど、

できるだけ多くのことを思い出していただきお話を伺ったうえで、実際に端末の状態を確認していきます。

当店のスタッフは、もちろん修理のプロとして端末を直接見て詳しく状態確認をさせて頂きますが、毎日使われている持ち主様だからこそ知っていること、気づくことはたくさんあります。

特に、数日に1回というような頻度の低い症状の場合や、起動できない状態になってしまった端末の場合などは、お客様からのヒアリングを頼りに修理の可能性を見出していくことになります。

 

お客様にお話を伺ったところ、

「充電ができなくなったのは昨日のこと、でも充電器を挿したときに接触が悪いのは結構前から気になっていた」

ということですが、ケーブルを傾けたりして反応する向きでは充電できていたそうです。となると、ライトニングコネクタの接触不良もしくは故障が考えられます。

「でも、電池の減りはもっと前から気になっていた」

3年~4年近くこの端末をお使いになっているということで、確かにバッテリーの劣化による可能性もありそうです。

 

では実際に端末の状態を見ていきましょう。




まずは充電器を繋げてみると、充電中のイナズママークが出ません。

ライトニングコネクタの部分を覗いて確認したところ、ゴミなどが詰まっている様子はありませんでした。数回抜き差しして、向きを少しずらしてみても反応がありません。全く認識がされていないので、やはりこの部分は修理が必要なようです。



次に設定画面からバッテリーの状態を確認したところ、最大容量が74%になっており、やはりバッテリーの劣化もみられます。

それ以外の部分、そのほかの機能については、正常に動作確認ができましたので今後の使用にも問題はないようです。

「この機会に快適に使えるようにしたい!」

というお客様のご要望で、今回は同時修理を承ることになりました。

 

ライトニングコネクタの修理+バッテリー交換


端末から画面をはずし、まずはライトニングコネクタの修理を行います。

コネクタをはずし、ケーブルの上に配置されているスピーカーやバイブレーターを一度取ってよけておきます。

ネジの位置に気を付けながらライトニングコネクタをパーツごとはずし、新しいものに交換します。



ほかのパーツ含めて元通りに取り付けが終われば、あとはバッテリー交換も通常通りに行い端末を閉じます。

 

動作チェック


修理後は、お預かり時と同様に動作チェックを行います。

まずは充電器を繋げてみると、充電中のイナズママークが出ました!今後は反応する向きを探さなくても、充電ができるようになりますね♪

次に設定画面からバッテリーの状態を確認したところ、しっかりと最大容量が100%になっており、以前から気になっていた電池の減りについても改善が感じられることと思います♪



またライトニングコネクタのパーツは、スピーカーやバイブレーターとの接続のほか、イヤホンジャックやマイクも一体型になっており関係する機能は多岐に渡っています。充電機能だけでなく、関わるほかの機能の動作チェックも入念に行います。

それ以外の部分、そのほかの機能については、お預かり時同様に正常に動作確認ができましたので今後も末永く快適に使っていただけたらと思います!

 

当店では、画面やバッテリーのほか、ライトニングコネクタや近接センサーなど各種パーツもご用意して、それぞれの修理に対応しております。


故障個所が明らかなガラス割れやバッテリーの劣化だけでなく、修理項目や原因がはっきりしていない場合でも是非お気軽にご相談ください!


ご利用お待ちしております(^^)/


iPhone修理ジャパン新宿店