TOP > 渋谷店 > 渋谷店スタッフブログ > 【Apple新商品発表】iPhone13のデザインと性能を解説
渋谷店
スタッフブログ

【Apple新商品発表】iPhone13のデザインと性能を解説2021.09.15

iPhone13は買うべきか否か??




9月15日深夜2時にAppleから新商品の発表がされました!
Appleユーザーが待ち望んだ最新のiPhoneの呼称は【iPhone13】

今回はiPhone以外の商品も発表されたので、iPhoneと新型iPadminiのモデルの解説も交えて
書いていきたいと思います。

 

 
iPhone13は全4モデル展開



今回の最新iPhoneは全部で4モデルの展開となります。
呼称名は以下の通りです。

 

・iPhone13
・iPhone13mini
・iPhone13Pro
・iPhone13ProMax

上記の4モデルでの展開となりました。

 

 

 
iPhone13/13miniの特徴



正直、iPhone13モデルと前モデルiPhone12との違いは見た目では殆ど同じ
これと言った特徴はありません!

 

結論から言うと、iPhone12のマイナーチェンジと考えています。

唯一違いがあるとすれば、iPhone13とiPhone13miniではカメラの位置が斜めにデザイン変更されているという事です。
ですが、カメラ性能に対して大きな性能差は実際ありません。

 

 

 
iPhone13Pro/ProMaxの特徴



iPhone13Proと13ProMaxに関しても見た目のデザインは殆ど変わりません。

唯一変わった部分としては、主に2点です。

 
カメラ性能の向上

 

基本的な解像度は変わりませんが、細かい性能向上が見られました。
主に4つ挙げてみます。

 

・光学ズームが2倍から3倍

・広角レンズはF値1.6からF値1.5に変更し絞り値を小さくし、超広角もF値2.4からF値1.8に絞りて、
より正確に対象物を綺麗に撮影できるようになっています。
望遠レンズはF値2.0からFt値2.8まで広げて、望遠で撮影しても周りの景色がボケずらくなっています。

・ズームも最大15倍まで延長、動画撮影では最大9倍

・光学手振れ補正補正に13Pro/ProMaxの両機種に搭載

 

と言った内容です。

カメラの性能に関しては底上げされています。

 

 
リフレッシュレート120Hzに対応

 

又、リフレッシュレート120Hzにも対応出来る様になったのも大きなポイントです。

リフレッシュレートのHzが大きくなると、端末を操作する時に、画面を操作時もっと滑らかな動きが出来る
様になるので、より快適に操作可能です。
昨今120Hzに対応出来るスマホが主流になっているので、Appleも後追いで対応出来るようになりました。

ですが、リフレッシュレート120Hzはバッテリーを余計に消費してしまう欠点がありますので、
120Hzから通常の60Hzに変更出来る仕様なのかどうかも気になります。

 

 

 
今までのiPhoneよりも重い



iPhone12の場合、162gに対して、iPhone13は172gとなっており、10g重くなっています。
パッと見で10g程度なら殆ど変わらない?と思いますが、実際手に取ってみると、その重さは顕著に出ます。

 

スマホで10g重くなると、体感でも重くなった?と分かる程です。


 

又、13Pro/13ProMaxの両機種とも重さがiPhone12Pro/12ProMaxに比べると、16g重く、総重量は200g以上あります!
これは実機を持った感覚だと、かなり重くなったと感じるはずです。

 

例えば、著者が現在使っているスマホはGalaxynote20 ultra 5G と比較すると、
重さが208gなので、それと同じかそれ以上に重いというのは、些かどうなのかと・・・

端末の大きさはGalaxynote20の方が6.9inchで大きいので思いのは分かりますが、
それよりも小さいiPhone13Proと同じ、13ProMaxはそれ以上に重いとなると、
片手で使うにはストレスを感じるユーザーも少なくないと思います。

慣れたら気にしないかもしれませんが。

 

 

 
iPhone13シリーズの価格



今回iPhone13に関しては、過去ラインナップされていた64GBモデルは廃止されました。

よって、Lowモデルでは128GB~のラインナップとなっています。
さらに、Apple初の1TBのストレージ容量を有したiPhoneも発売となります。

以下iPhone13の価格帯を並べてみました。

  • iPhone 13
    128GB……9万8800円(税込)
    256GB……11万800円(税込)
    512GB……13万4800円(税込)


 

  • iPhone 13 mini
    128GB……8万6800円(税込)
    256GB……9万8800円(税込)
    512GB……12万2800円(税込)


 

  • iPhone 13 Pro
    128GB……12万2800円(税込)
    256GB……13万4800円(税込)
    512GB……15万8800円(税込)
    1TB……18万2800円(税込)


 

  • iPhone 13 Pro Max
    128GB……13万4800円(税込)
    256GB……14万6800円(税込)
    512GB……17万800円(税込)
    1TB……19万4800円(税込)



全体的に128GB~のモデルでの発売になるので、全体的に値上がりです。
iPhone13と13miniの128GBモデルに関しては多少値段が上がっています。

それ以外は全モデルよりも1万以上値上がりとなっています。
これはAppleでの購入価格になるので、実際携帯キャリアで購入する場合はこれよりも
値段が変動しますので、要注意ですね。

 

《ちょっと気にあるポイント》

1TBのiPhoneに関してですが、需要があるのかどうかはさて置き、容量を一切気にせず使い込みたいユーザーにとっては
素敵なスマホです。

しかしながら、価格が20万弱するので、ここまでの金額を出さなくてもハイエンドのスマホを選んでもいいのではないかとも思います。
特に容量を気にしないという部分では、Androidスマホの方が1TBまでメモリーカードが対応していますし、値段も20万弱するスマホは
ほぼ皆無です。

ですが、一番に気にするのは、1TB近くデータ量を保存した場合に起こる不具合です。
昨今、ストレージ容量を使い過ぎてメモリー領域が壊れてしまう事象が多々起こっています。

元々iPhoneの特徴の一つとして、大容量のデータの最適化には過度の負担が掛かるので、1TBまで使わなくても
500GB以上のデータ量を保存した場合にも何か予期せぬ不具合が起こらないか不安ですね。

 

 

 

 
カラーリングは新色が追加



iPhone13/13miniでは、新たに【スターライト】【ピンク】の2色が追加されました。

 

 



iPhone13Pro/13ProMaxでは、新たに【シエラルブルー】が追加になりました。

どちらもカラーバリエーション的にはお洒落な色使いとなっているので、若年層のユーザーにはウケが良さそうです。

 

 

 
バッテリーの稼働時間は?



iPhone13シリーズでは、前モデルのiPhone12シリーズよりもバッテリーの稼働時間が最大で8時間伸びています。

 

iPhone13
・・・・ビデオ再生で最大19時間(iPhone12よりも2時間延長)

iPhone13mini
・・・ビデオ再生で最大17時間(iPhone12miniよりも2時間延長)

iPhone13Pro
・・・ビデオ再生で最大22時間(iPhone12Proよりも5時間延長)

iPhone13ProMax
・・・ビデオ再生で最大28時間(iPhone12ProMaxよりも8時間延長)

 

バッテリーの稼働時間がiPhone12は短かったのですが、今回に関しては、多少改善がみられています。
特にiPhone13ProMaxの伸びは飛躍的に良くなっているので、バッテリーの稼働時間を気にするのであれば
iPhone13ProMaxを購入した方が無難と言えるでしょう。

 

 

 
iPhone13の総評すると・・

 

今回のiPhone13シリーズは細かい性能の向上がありますが、、、

 

ざっくり言うと、マイナーチェンジなので無理に購入する必要はないかと思います。


 

iPhoneXシリーズであれば購入して見るのは有りです。
ですが、指紋センサーの採用が間に合わなかった時点で、今回のiPhoneの購入を見送るのも一つの手です。

来年のiPhoneは間違いなくデザイン変更されると思いますので、2022年のiPhoneに期待したいところですね。

本日のブログはここまでです!

それでは!