TOP > 渋谷店 > 渋谷店スタッフブログ > iPhone 11 Pro の カメラ レンズ割れ の 修理 も即日対応出来ます!
渋谷店
スタッフブログ

iPhone 11 Pro の カメラ レンズ割れ の 修理 も即日対応出来ます!2020.12.20

3つの内1つが割れてしまったiPhone11Proのカメラレンズ




iPhone修理ジャパン渋谷店です。

本日は当店で最近対応可能になりましたiPhone11シリーズのカメラ破損の内容をお届けしようと思います。
今回ご紹介するのはiPhone11Proの外側にあるカメラのレンズ割れ修理です。

お持ち込みの状態は画像の通り3つのカメラの内上部のレンズのみが割れてしまっている状態でご来店されました。

 

 

 

iPhone11Proのカメラはそれぞれ違う




11ProからiPhoneのカメラ性能は飛躍的に向上しています。

今回破損していたレンズは「広角」で撮影される際に使われる【広角カメラ】の部分が割れている状態でした。
その下のレンズはズームする際に使用される【望遠カメラ】、右側は広い視野で撮影される際に使用される【超広角カメラ】になります。

それぞれ役割が分かれており、カメラ撮影する際は切り替える事で機能を果たします。
お客様の場合は、この広角(通常使用する際に使用)カメラのレンズ割れなのですが、幸いなことに内部のカメラ本体には
何も傷がなく、通常使用できました。

 

 

 

 

カメラレンズが割れた場合放置するとどうなる?




iPhone6以降、Appleにスマホのカメラデザインは大きく一新されています。

iPhone5時代には、カメラレンズが凸していないデザインでしたが、iPhone6以降のモデルはカメラが出っ張っているデザインに
変更されています。

特にiPhoneX以降のモデルに関してはその出っ張りは増しており、かなり飛び出している様なデザインに変更されました。
もしiPhoneのカメラレンズが割れてしまった時、それを使えるからと言って放置するとどうなるか?

ざっくりと以下の内容になります。

 

・内部のカメラレンズに傷が付く

・カメラに埃等のゴミが溜まる

・カメラの動作がおかしくなす(ブレる、ズームしてもフォーカスが効かない等)

・水に濡れてしまいやすくなる

 

ざっと放置した場合に生じる不具合はこの様な内容です。
レンズの構造は、外からの異物を高い密度で密閉している為、内部に侵入しにくくなっています。
しかし、レンズが割れてしまうと、そこから異物が入り込みやすくなり、破損する可能性が格段に上がってしまうのです。

特に、iPhoneのカメラ本体は精密部品であり、非常に壊れやすくなっています。
少しでも水がカメラ内部に侵入し、それが原因でカメラその物が壊れてカメラアプリを立ち上げる際に真っ暗に・・・・なんて事はよく聞きます。

 

 

 

 

 

割れた時の応急処置




もしカメラレンズが割れてしまった際は、出来るだけ早めに割れた個所を塞ぎましょう。

一番の方法は、【割れた部分をテープで補修する】方法です。
アナログな方法ではありますが、これが手短に使える方法と言っても過言ではないと思います。

穴を防げば、とりあえずはそれ以上悪化しにくくなります。

大事なのは、如何に内部に異物を侵入させないかという事です!
修理までの間は、カメラの使用が不便になりますが、悪化させない為には致し方ないので
タイミングを見計らってレンズの修理を行いましょう!

 

詳くは過去の渋谷店のブログにてご紹介しておりますので、こちらをご覧ください!

【 タイトル 】
iPhoneのカメラレンズ割れの放置は危険!!【放置した場合のトラブルとApple正規店の修理料金】
URL:https://iphone-shuuri.jp/shop/tokyo/shibuya/blog/10559/

 

 

 

 

 

レンズの修理に掛かる時間はどのくらい?




カメラレンズの修理は時間が掛かると思っているお客様の多いのですが、
iPhone修理ジャパン渋谷店であれば、修理時間は最短40分程度で完了します!

あまり時間を取られたくないというお客様のご要望にもお応えできます!

さて、それでは修理の方に戻りたいと思います!

 

 

 

 

割れた個所のレンズを取り除く




割れた部分のレンズを最初に全て取り除きます。

割れたレンズが無くし、土台を綺麗にして新しいレンズをはめ込みます。

 

 

 



レンズを取り除いた後、接着剤を流し込みので、カメラを外して作業します。

iPhone11Proのカメラは外すと3個のカメラが一つに纏まっています。
実際は一つ一つ別個になっているのですが、フレームでまとめている構造なんです(;´・ω・)

iPhoneX以降全部このような設計に変更されています。
(当然ながら、カメラ交換修理になると、カメラ丸々交換になるので、手間は掛かりません)

 

 

 

 

 

接着剤を土台に塗り付けて、乾くまで放置




外側から土台の端に合わせて、速乾性の接着剤を流します。(流し込み過ぎに注意!)

後は乾くまで10分少々待ってから組み付け作業を行います。

注意点とすれば、内部に埃が残っていない事を確認しながら作業する事が大切です。
カメラに異物が映りこんでしまっては全く意味が無くなりますので・・・・(;´Д`)

 

 

 

 

 

動作確認をして作業完了




レンズを交換した後はカメラの動作チェックを行います。
ズーム・広角・オートフォーカス等、基本的な動作の確認を行います。

それぞれ画面に異物がないかしっかり確認を行ったうえで作業は全て完了となります!

修理時間は40分程度で終わりました!

無事に綺麗に直ってお客様にも喜んで頂けました(`・ω・´)b

 

 

 

 

 

最後に




いかがでしたでしょうか?

今回は修理の他、ざっくりと対処法等もご紹介させて頂きました。

iPhoneのカメラレンズはiPhoneX・Xs・XRの他、iPhone7等の過去のモデルでも対応可能です!
修理は勿論すべて即日で完了します。

お困りの方は是非お気軽にご相談くださいませ(^_-)-☆

本日のブログはここまでです!
それでは!