TOP > 渋谷店 > 渋谷店スタッフブログ > iPhone の 容量 が 不足 している場合に起こる トラブル と 対処法
渋谷店
スタッフブログ

iPhone の 容量 が 不足 している場合に起こる トラブル と 対処法2020.06.27

iPhoneのストレージが少ない方十分お気を付けください!




iPhone修理ジャパン渋谷店です。

当店では、以下の様な内容のお問い合わせが非常に増えております。

 

・朝起きたら突然起動しなくなった

・充電し放置していたらリンゴループになった

・アップデートしたらリンゴループになった(もしくはフリーズした)

 

という物です。
そして共通している点はというと・・・

 

・家の中で必ず起きている

・充電時

・Wi-Fiを使用している

・放置していた

 

この4つが必ずと言って良いほど共通しています。

そこで!突然起動出来なくなる故障でお持ち込み頂いた時の状況をご紹介します。

 

 

 

 

 

最近よくあるお客様とのやり取り




お持ち込み時のお客様にヒヤリングしてみました。
大体こういう流れになります。

 

スタッフD 「いつからこの症状が出ましたか?」
お客様 「昨日充電していて朝起きたら起動しなくなりました」

大抵こういった回答が返ってきます。
尚且つ、端末はすごくきれいで、大きな傷もない事が殆どです。

 

スタッフD 「水濡れした記憶はございますか?」
お客様 「ありません。」


決まって水没したことがないと仰るお客様が殆ど、と言うよりかは全員と言って良いほど
水没した経験がないです。

 

スタッフD 「なるほど・・・・Wi-Fiはご自宅にありますか?」
お客様 「あります」

スタッフD「家にいる時はWi-Fiに繋げますか?」
お客様「繋げます」

基本的にご自宅にWi-Fiがあり、家にいる時はWi-Fiに繋いで使用されています。
最後の質問・・・

 

スタッフD「端末のストレージ容量の空き容量はどのくらいか覚えてますか?」
お客様 「確かほぼ使っていたと思います」

スタッフD「それが原因です」
お客様「えっ・・・」

そうなんです。
原因はストレージ容量不足が原因で起こった事なのです。
本当にこのやり取りを何回もやってますwww

そして、このトラブルで起こった事象を俗に「メモリークラッシュ」と呼びます!

 

 

 

メモリークラッシュとは?




iPhoneは、一昔前には64GBまでの物が、128GB・256GB・512GBと徐々に大きいストレージ容量に増えてきました。
殆どの方は、「決まった容量分使える」と思っているでしょう。。。

 

実はそれって大きな間違いなんです!!!

 

iPhoneは本来、ストレージ容量をある程度開けておかないと、「メモリークラッシュ」を起こしてしまう傾向にあります。
よく、パソコンでもそうですが、「データを一杯入れていると動作が重くなる」ってことありませんでしたか??

あれは、単純言うと、「背中に一杯の荷物を担がせて働かせている状態」なんです。

 

例えば・・・

担いでいる人 = ストレージ容量
担ぐ荷物 = アプリ等のデータ

だとします。

背中に少しの荷物を担いでも、少量だから何の問題もなくスムーズに動けますよね?

しかし、荷物が沢山積まれれば詰まれるとどうでしょう?
荷物が重くなり、動きずらくなります。これが動作が鈍くなる要因です。

このストレージ容量(担ぐ人)が限界まで荷物を持たせている状態で、アップデート作業を行うと、ただでさえまともに動けない状態の人に、更に負荷を掛けるので、最終的に歩けなくなって倒れてしまうのです。

この現象がメモリークラッシュの正体です。

 

 

 

この現象を解決できる対処法


メモリークラッシュがどういう物かご説明させて頂きましたが、結論これを解決できる方法があるのか??

スタッフDが色々調べてみました。。。。。ググりました。。。。。

 

 

その結果は。











解決策はありませんでした!!!!!

 

さらに、基盤の修理に特化しているお店にも問い合わせして見た所、回答は以下の答えが返って来ました。

 

「メモリークラッシュした端末は、内部の記録媒体の破損になる為修復は不可能です」

とのことです。こういったハイレベルは修理が出来る店舗ですら、直せないと言われてしまうのでどうしたものか・・・と言う気持ちになります。

 

対処法になる可能性がある方法をまとめたので、こちらのブログをご覧ください。

 

 

 

これを未然に防ぐためには??




一番の予防策として、本来あるストレージ容量の1割以上は余裕を持たせましょう!!

 

例えば!!

・256GBなら、25GB~50GB
・128GBなら、12GB~24GB
・64GBなら、6GB~12GB

と言う形で、2割程余裕を持たせて使う事を推奨します!!

そうしておけば、メモリークラッシュは基本的に起こりません。

なので、使っていないアプリを全て消しちゃいましょう(`・ω・´)b











と、それで済めば警察はいらねぇ!って感じになるのですが、ここまで容量を使う原因として
大体「写真」「動画」圧倒的多い方ばかりです!!

この「写真」「動画」を何とか出来れば、ストレージ容量は劇的にスッキリします!!!
そこでオススメのアプリをご紹介します!

 

 

 

 

 

容量を空ける対処法


写真・動画はGoogleフォトにバックアップしよう!




私スタッフDが一番活用していますこのGoogleフォトです!!
これが、本当にオススメします!
意外と知らない方が多いので、再度オススメさせて頂きます。

 

メリットで言えば、Googleフォトはicloudと違って以下のメリットがあります。

・本体のデータを消しても残る

・アプリ上で全ての写真を確認・編集できる

・容量は無制限(動画含む)

・Googleアカウント(Gmail)で管理できる

・アカウントを共有する事で、手軽に写真を共有できる

と言ったメリットがあります。

icloudにはないメリットなので、是非Googleフォトを活用して見てください!!

 

詳しい内容他店のブログで紹介しておりますので是非ご参照ください。

【 ブログタイトル 】
iPhoneの写真は無圧縮でも無制限に保存できる!?


 

 

 

最後に




実はこのトラブルに見舞われている機種はiPhone7以降のモデルに非常に多く起こっています。

何故iPhone7以降なのかはわかっていません。
もちろんiPhone6系でも全く起こらない訳でもありませんので、用心するに越したことはないです!

このブログを読んで絶望する方もいるかもしれませんが、逆にまだ起こっていない方は今すぐにでも対処してください!
起こってからでは全てのデータが失われます!!!

もしくはマメにバックアップをして何が起こっても大乗になようにしておきましょう!!

今日のブログはここまでです!
それでは!!