TOP > 池袋店 > 池袋店スタッフブログ > iPhone7の充電差込口が故障!?ライトニングコネクタ修理
池袋店
スタッフブログ

iPhone7の充電差込口が故障!?ライトニングコネクタ修理2021.01.08

こんにちは!iPhone修理ジャパン池袋店スタッフTです!


今回は、iPhone7のライトニングコネクタ修理&バッテリー交換のご依頼がありましたのでご紹介致します。




 

お預かり時の端末状態


充電が出来なくなってしまったということでご来店いただき、早速お持ちいただいたiPhone7の状態確認を行いました。充電が出来ないままバッテリー残量が0%になり、すでに電源が落ちてしまっている状態です。ライトニングコネクタに充電器を繋げてみても、音もバイブレーションも画面表示も、何も反応がありません。

何も反応がない状態ですと、現在の起動しない端末状態だけでは原因を絞ることは難しくなります。その場合、いまの状態に至った経緯や起こった症状などをお客様から直接お話を伺い、要因となっている部分を特定していきます。そして壊れている可能性が高いパーツや、考えられる故障をある程度想定して、修理していく必要があります。

お客様にこうなる以前の様子を伺うと、充電差込口の接触が悪くなっているのは感じていたそうですが、しばらくは途切れ途切れでも充電は出来ていたためそのまま使用を続けていたそうです。

ということは、ライトニングコネクタの接触がさらに悪くなり反応が無くなってしまった可能性がまず考えられます!また、バッテリーの減りも気になり始めていたということで、今回はライトニングコネクタのパーツ交換修理とバッテリー交換をこの機会に同時修理を承りました。

 

ライトニングコネクタ修理&バッテリー交換


早速お預かりしたiPhone7の修理を始めましょう。

まずは、画面を外して端末を開きます。iPhone7の充電口の修理はケーブルが基盤の下を通っている部分があるため、一度基盤を外す必要があります。基盤、続いてライトニングコネクタ、慎重にそれぞれのパーツを取り外します。

今回は、バッテリー交換も承りましたので、粘着テープを緩めてリチウムイオン電池も外しました。



上の写真のように、iPhone7端末内部のほとんどのスペースが空いた状態になりました。

あとは新しいライトニングコネクタを元の位置に取り付け、それぞれのパーツを元通りに組み立てていきます。



ライトニングコネクタのケーブルの上に、スピーカーやバイブレーターを取り付け、基盤を元の位置に戻します。パーツはそれなりに大きさもあるので比較的位置を覚えやすいのですが、パーツを固定しているネジは小さくて数が多いので注意が必要です。実際に数えたことはありませんが、iPhone7のライトニングコネクタ修理で取り外すネジの数は、iPhone各機種の様々な修理の中でも最多レベルかと思います。

それぞれのネジには、ミリ単位のサイズの差や使用ドライバーの違いがあるため、しっかり位置を把握しておくことが重要です。特に基盤を固定するネジは、たとえ固定できたとしても長さが違うだけで機能しなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。



最後に新しいバッテリーに交換し、丁寧に端末を閉じれば修理作業は完了です!

 

確認機能の多い動作チェック


修理作業が終わったら、動作チェックを行います。まずは、新しいバッテリーで起動すること、新しい差込口に充電器を繋げて反応することが確認できました!

今回の修理の目的である”起動・充電できるようにする”以外にも、ライトニングコネクタのパーツ交換修理は、取り外すパーツの多さからもわかるように、関わる機能がたくさんあります。イヤホンで音楽を聴く、端末のスピーカーから直接鳴らす、バイブやマイクが使えているかの確認などライトニングコネクタのケーブルに関連するだけでもチェック項目が多いです。

さらに、画面や基盤も一度外しているので念入りに確認が必要です。

全体的に動作チェックして問題がなければ、お客様へお渡しして無事に修理完了です!



 

当店では、画面修理やバッテリー交換のほか、ライトニングコネクタなどパーツ交換修理も随時受付しております!


突然の故障や水没、または経緯のわからない状態でも、是非ご相談ください!


対応機種や対応パーツのお問い合わせはお電話で承っておりますのでお気軽にどうぞ(*^^*)


ご利用お待ちしております。


 

iPhone修理ジャパン池袋店