TOP > 秋葉原店 > 秋葉原店スタッフブログ > 驚いてしまったお客様のケース
秋葉原店
スタッフブログ

驚いてしまったお客様のケース2020.03.07

みなさんこんにちは。iPhone修理ジャパン秋葉原店です。

 

今回はとても珍しいケースの方にご来店頂きましたので、そちらについて話していこうと思います。

 

今回お持ち込みいただいたのは電源の入らなくなってしまったiPhoneSE。

充電をしながら操作をしていたところ突然電源が落ちてしまったとのことでした。



電源がつかないのでこのままだと原因が不明のまま・・・ということで中を開けて原因を探っていくことに。

その中身を開けて見てみると非正規店で交換済みのバッテリーがすっかり膨張しておりました。

バッテリーが膨張しているという事は、そのバッテリーは寿命ということ。膨張している為いつ破裂してもおかしくないという非常に危険な状況です。そんなわけで、新しいバッテリーを仮で取り付けてみました。

 

しかし、新しいバッテリーを入れてみても何をしても電源が入らず。うんともすんとも言わない状態のまま・・・

バッテリーが原因であればバッテリーを交換する事により電源が立ち上がりますから、どうやらバッテリーではない様子。

 

もう少しその端末について詳しく知ろうとお客様に修理歴などをお伺いした所予想外の回答が。

 

「この端末は一度も修理には出したことがない」


 

バッテリーがどうみても非正規品なのですが、修理をしたことはないというのです。
そしてさらに驚いたことに、このSEは前に不具合が起きてしまったときに正規サービスプロバイダで本体交換をしてもらった新品同等品の端末であるということでした。
新品同等品とは

・製造時に不具合が見つかったものをその後さらに調整して使えるようにしたもの

・お客様から本体交換時に引き取った方を修理したリサイクル品で、通常よりも低価格で販売されていたりするもの
この二つのものをまとめて言います

ちなみにアップルで本体交換に使われる”新しいiPhone”も大半がこの新品同等品です。

ストアなどで買った新品ではない可能性が高いということですね。

 

なんてこったい・・・新品同等品の中に非正規のバッテリーが入っているなんて。

誰がこんなことを予想したでしょうか・・・?



交換した時は動いていた新品同等品(仮)は2回目の不具合が発生してしまったようで、その後何をやっても起動しませんでした(泣)

不具合の原因はおそらく基盤が壊れているのではないかという結論に。基盤修理は当店では行っておりませんので泣く泣くなにも出来ないままお返しという結果になりました・・・

 

新品同等品は先にも言ったように、お客様から引き取った端末も含まれておりこういったケースも可能性としてあるのです。

(ほんの少数であるとは信じたいのですが・・・)

発売された年月が経っている機種ほどこの可能性は高くなります。

 

ですので、5系や6などをお持ちの方は特にこまめにバックアップをとっておくことをオススメします。


 

電源がつかなくなってからではデータの取り出しは基本行えません。

そうなって後悔する前に、今まで取っていなかった方はバックアップを取っておきましょう!