TOP > 秋葉原店 > 秋葉原店スタッフブログ > Apple郵送修理サービスの問題点
秋葉原店
スタッフブログ

Apple郵送修理サービスの問題点2021.02.25

修理という名目の本体交換


アメリカであるiPhoneユーザーが、iPhoneXを修理のためにアップルに郵送して見積もりを出してもらおうとした結果、今まで聞いたことがなかったひどいことが起きてしまった事例がありましたのでご紹介。
iPhoneの修理動画を中心に配信している「iPad Rehab」(チャンネル名はなぜかiPad..)の配信者でありエンジニアのジェーサが発見しました。おそらくこのような事例は動画で紹介されるのは初めてと思われます。

その動画がこちら↓




動画の説明


①預かったiPhoneXはアウトカメラが壊れていてまともに映像が映らない。そこでジェーサは新しいアウトカメラに交換した。

②するとアウトカメラは通常通りに動くようになったが、なぜかFace IDが使えなくなってしまった。画面にも「Face IDをアクティベートできません」と表示されている。

③しかし元の壊れたアウトカメラを本体に戻すとカメラは使えなくなるが、Face IDは復活して顔認証でロック解除が可能になった。

④おかしいと思ったジェーサはこのiPhoneXの持ち主であるジェームズに詳しい経緯を聞いてApple正規修理サービスの闇を再確認する。

 

冒頭では確かにFace IDが使えなくなっているのですが...



 

壊れている方のアウトカメラだと使えてしまうナゾ



 

では持ち主はどういった経緯でこの状態に陥ってしまったのか


④の説明


持ち主(以下ジェームズ)はジェーサに依頼する前に一度iPhoneXのアウトカメラが壊れて映らなくなってしまった(Face IDは問題なし)のでAppleの郵送修理サービスを使ってAppleストアに送っています。

アウトカメラが壊れた原因は不明ですが、かなりの熱を発していて画面の隅が焼けて変色しています。



Appleストア側はこの端末を受け取って検査したところ、アウトカメラと画面の両方がダメになっていると判断。
そういうわけで「本体交換になる」とジェームズに連絡。気になる料金は本体交換なのでもちろん修理よりも高くなんと..

700ドル(2021年2月25日の時点で日本だと74,137円)もの金額を提示してきました。

*破損しているところが2ヶ所以上ある場合はApple正規の修理に出すと本体交換になるという話は修理業界ではよく知れた話で、これはアメリカでも変わらないということがわかりました

すごく高いのでジェームズは修理を断念してiPhoneを返送してもらうと、さらに悪い事態になっていました。

 

画面が真っ暗で何も映らない!!

着信するとバイブレーターが反応するので電源は入っていることがわかったものの、自分ではなんともできないのでジェーサのところに修理を依頼して①〜③になったというわけです。

 

画面が映らなかったしょーもない理由


ケーブルを抜いた状態で返送されていたからでした。しかもケーブルはしっかりと接続してから金属の蓋をしてねじ止めしなければならないのですが、ネジは取られたまま返してもらえませんでした。



こればかりは正規の作業がザツとしか言えない..

 

アップルは客が修理をキャンセルしても素直に送り返してくれる。ただし、非正規店での修理ができない仕様にした後で。


つまりアップルに届いた時にアウトカメラと本体のペアリングをしてアウトカメラのシリアル認証を必須にしておいて、後から違うシリアルの入ったアウトカメラを取り付けるとペアリングが切れてFace IDが使えない仕様にしたということです。

普通ならアウトカメラを非正規店で交換したとしてもiPhoneXの場合はFace IDになんら影響は出ないはずです。それなのに今回はこういった異例の事態になってしまいました。もしAppleに郵送せずにまっすぐジェーサのところに持ち込んでいればこんな厄介なことにはならなかったのに非常に残念なことです。

こうなってしまうと非正規店はアウトカメラとFace IDが両方とも正常に使えるようにすることができません。iPhoneユーザーがどこで、またはいくらで修理を依頼するかの選択権を奪われてしまったのと一緒です。



 

そう、皆さんのiPhoneXにも今は使われていないだけで、いつでも仕様変更ができるシリアルが眠っていることになる。


安く、そして近場で修理がしたい?しかしそれが一切できなくなる未来もありえます。一度も正規店に持ち込んでいなくてもそれはiOS15で仕様変更されるかも知れませんし、もしくはiOS16かも知れません。

別のブログにも似たような事例を書いた記事がありますのでこちらも合わせてどうぞ↓
https://iphone-shuuri.jp//shop/tokyo/akihabara/blog/14371/

「一度買った端末はどこで修理するか、それは自分たちで決めていい。

メーカー保証を使うとなると自己修理を失敗されたりしたものが保証対象から外れてしまうのは仕方がないとしても、正しい手順で修理をしても非正規だからという理由で機能を制限されてしまうのはちょっと話が違いますよね。

日本にもあるApple郵送修理サービス


使ったことがない方もいらっしゃると思うので、簡単に説明すると、iPhoneが故障した時にAppleのウェブサイトから郵送修理を依頼すると自宅に配送会社のスタッフが端末を受け取りにきてアップルまで送ってくれるサービスです。
筆者も未経験ですが、このご時世人が集まるストアに行かなくてもいいのは一種メリットではありますね。

 

試しに郵送修理申し込みの画面まで行ってみる


せっかくなので筆者もiPhoneXを持っていますから、日本だとどれくらいの見積もりになるのかWeb見積もりを試してみることにします。アップルサポートにログインをして同じようにアウトカメラの修理を選択した後の見積もりがこちら↓

 



AppleCare+なしの金額とはいえ日本でもアメリカと同じくらいの金額になりました。でしょうね。

スマホリテラシーは意外と大事


何をするにしても現在はスマホを操作することが重要な手段になっています。故障してしまった時にさらに損をしないためにも、自分の使っている端末の情報は常にしいれておくのがベストですね。

また次回を楽しみにしていてください、それでは✋