TOP > 秋葉原店 > 秋葉原店スタッフブログ > iPod touch 6 のガラス割れも画面修理で即日直しましょう!
秋葉原店
スタッフブログ

iPod touch 6 のガラス割れも画面修理で即日直しましょう!2020.06.21

こんにちは!iPhone修理ジャパン秋葉原店スタッフTです。


 

今回は、iPod touch 6 の画面修理をご紹介いたします!


 

お預かりの状態は、ガラス割れの状態でした。

画像のように画面右上辺りのガラスが激しく割れていて、内部の一部分、ちょうどアウトカメラの裏側部分が見えてしまっています。このような破損状況ではありますが、画面の操作や表示には全く問題が無く、ほかの機能にも特に故障は見当たりません。

早速、画面修理で使いやすく直しましょう♪



 

本体から画面を外します


画面のホームボタン両脇部分が粘着テープで内部に固定されているので、まずはこれを剥がします。このとき、ガラスとその外枠のプラスチックの間に刃を入れると粘着面まで平らになっているので作業がしやすくなります。

粘着が剥がせたら、端末を開くために画面全体を持ち上げたいので今度はガラスと外枠を一緒に持ち上げます。左右の両脇の数か所が爪でひっかかっているので、隙間から緩めながら、ケーブルの繋がっている上側を残したままで本体から画面を開きます。



画面を開いて持ち上げると、内部のほとんどが銀パネルで覆われているのが見えます。まだ開いた画面のケーブルが繋がった状態であるため注意しながら、固定しているネジとひっかかりを全て外し、銀パネルを取ります。



画面のケーブルは基板の裏側で繋がっているのですが、ライトニングコネクタのケーブルはバッテリーの下を通って基板に繋がっているので、まずはバッテリーを避ける必要があります。ただバッテリーのコネクタはハンダづけされているので、簡単には外せません。裏面を固定している粘着テープを外したら、コネクタは繋げたままでバッテリーを本体横に避けておきます



本体下部のライトニングコネクタやイヤホンジャックを固定しているネジを外し、ケーブルに繋がったまま動かせるようにフレームとの間の粘着を緩めます。

さらに基板を固定しているネジを外して、繋がった状態のライトニングコネクタやバッテリーを支えながら、裏側が見えるようにして基板を持ち上げます



画像の2つの赤丸部分が、画面から繋がっている接続部分なのでこれらのコネクタを外します。

外した2つのコネクタの間には、インカメラとアウトカメラのコネクタが並んでいます。アウトカメラは本体側に固定されているのでコネクタは繋がったままでも、画面を外す際に支障はありません。一方インカメラは画面側に粘着で固定されているので、本体から画面を外す前に、先に画面から丁寧に剥がして、はまっているくぼみから取り出しておく必要があります。

近い位置にあるアウトカメラやインカメラ、そのほかのパーツやケーブルを傷つけないよう気をつけながら本体から画面を取り外します。

 

新しい画面に交換


元々の画面から新しい画面へ移植するパーツは、ホームボタンのみです。コネクタなどで特に接続はされていないので、そのまま粘着を剥がして、新しい画面に取り付けます。これだけの作業で、新しい画面は交換の準備ができました!

あとは画面のコネクタを繋げて、基板とライトニングコネクタ、そしてバッテリーを元の位置に納まるように戻していきます。画面から剥がしたインカメラも、新しい画面の元の位置に忘れずにはめ込みます。基板とライトニングコネクタをネジで固定し、さらに銀パネルで元通りに覆って全てのネジを閉めます。iPod touch 6 は端末の大きさの割にネジの数が多いので、外した時にどの位置のものかしっかり管理して、混ざってしまわないように扱いましょう。

画面を閉じて、カチっと本体にはまったら画面の取り付けが完了。

いつもの通りに画面の動作チェック、続いて各機能の動作チェックを行い、それぞれ正常な動きが確認できれば修理完了です!



 

今回ご依頼いただいたお客様は、当店ご利用の前に実は何店舗か問い合わせをしたとのこと。ですが、残念ながら「iPodを対応している店舗がなかなか見つからなかった」そうです。


当店では、iPod touch の画面修理やバッテリー交換も、在庫を取り揃えて即日対応しております!


対応世代やお見積り、そのほか故障や修理に関してご不明な点がありましたら是非お問い合わせください!


ご利用お待ちしております(^^)/


 

iPhone修理ジャパン秋葉原店