TOP > 川越店 > 川越店スタッフブログ > iPhone修理で、正規店と非正規店は何が違う?
川越店
スタッフブログ

iPhone修理で、正規店と非正規店は何が違う?2021.07.25

iPhone修理って、即日可能なんです。



iPhone修理は時間がかかるモノ。

予約は必須で、数週間かかる。

データは消えるし、値段は高い。

そんなふうに思っていませんか?

 

当店であれば、故障したパーツの交換のみを行いますので、

低価格で、データ部分には一切触れずに修理しますので、データを消さずに修理することが可能です。

 
正規店と非正規店の違い

Apple Storeや、カメラのキタムラさんは正規店。

カメラのキタムラさんは、正規代理店と呼ばれています。

au,docomo,Softbankなどは、キャリアと呼ばれ、

それ以外の修理店舗を非正規店と呼びます。

 

正規店と非正規店の違いは

純正のパーツを使っているか否か、でしょうか。

あとはApple Careなどが使えるのも、正規店のみとなっております。

 
正規店で修理をするメリット・デメリット

 



 


Appleの正規店・正規代理店で修理をするメリット

・保証に入っていれば、格安で本体交換や修理対応をしてもらえる

・パーツ交換であれば、必ず純正のパーツを使用している。

 

Appleの正規店・正規代理店で修理をするデメリット

・予約が必須

↪コロナの関係で当日のキャンセル待ちなどはできなくなりました。予約をしてからの来店のみとなります。

・修理日数がかかる

↪約1週間から、長いと1ヶ月と聞きます

・初期化が必要・初期化されて戻ってきたりする

↪画面とバッテリーはパーツの交換を行うようですが、万が一修理が出来なかった場合、またはそれ以外のパーツが壊れている場合は本体ごとの交換となります。データが入っている基板を移し替えたりしないので、初期化をされた状態で戻ってくることがあります。その際、新品ではなくあくまで「同等品」との交換です。


 

注意点として、この同等品ではまれに純正でないパーツが使用されているケースがあります。

下取りなどで以前修理歴がある端末を気づかず買い取ると、動作確認のみで

そのまま同等品として出してしまうことがあるようです。あくまで聞いた話ですが…。

そのため純正でないパーツがついている可能性は、大いにあります。ご注意を。

 
非正規店で修理をするメリット・デメリット

 

 


非正規店で修理をするメリット・修理時間が早い

↪パーツされあれば、その場で即日修理をしてくれる。店舗や端末によっては5分~。

・データが消えない・初期化不要

↪パーツ交換のみを行うので、データには触れずに修理をしています。

・値段が安い

↪互換性のあるパーツを使用しているので、値段が安いです。なので中には不良品などに当たってしまうことも。

これは正規品でもありえることなので、こればっかりはしょうがないでしょう。

 

非正規店で修理をするデメリット

・純正パーツではない

↪純正パーツは扱うことが出来ないので、互換パーツとなります。

・店舗によっては、修理技術が未熟

↪研修数日で店舗に一人で技術者を置くお店があります。

その場合、修理技術が未熟なのでパーツの付け方が下手だったり、ネジを付け忘れたり最悪壊れたりします。


 

メリットは多いですが、気になる点も多いですよね。

修理技術に関しては、そのお店が出来たばかりか、そうでないかで判断できたりもします。

もし心配であれば、長い間お店を構えている修理店にお願いをするのが確実かなと思いますね。

その店舗が続いているということは、大きな問題がほとんどないということにもあるのかなと思うので。

 

以上、正規店と非正規店のメリットとデメリットでした。

なんだかんだ、修理が怖いなとなったら機種変更が確実ですね。

ご参考になればと思います。