TOP > 池袋店 > 池袋店スタッフブログ > iPhoneの水没、雨でも起こります💧
池袋店
スタッフブログ

iPhoneの水没、雨でも起こります💧2022.05.16

雨の日は水没に注意!

 

まだまだ5月中旬ではありますが、雨が多くなってきました。

iPhoneは耐水だから大丈夫、なんて思って雨の中でも使っていませんか?



そもそも耐水とは?防水とは違うの?

耐水と防水の違い、ざっくり言うと


耐水水滴や飛沫など外からかかる水に耐えられる

防水水に沈めてもある程度耐えられる


というものです。

iPhoneは耐水性、つまり雨には耐えられるじゃーん?

……と、思いきや実は結構簡単に内部へ水が侵入します。

 
過信しないで!iPhoneの耐水性💧

12シリーズからは耐水効果を高めるため本体と画面の接着が更に強固になり、

我々修理屋も開けるのに苦労しています(・・;)

パネルの間から侵入することはなくとも、

スピーカーや充電口などどうしても塞ぐことの出来ない部分がいくつかあります。

スピーカー部分は画面側の上部についているので、雨の日に使用していると雨粒が侵入してしまう可能性も!

また、大きな水滴ならある程度弾くことが出来ますが、霧吹きなど細かい水は侵入しやすいので

お風呂など湿度の高いところでの使用もおすすめしません。

iPhoneは画面の裏に水に触れると赤くなるシールがついており、

そこで水没している端末かどうかを見分ける事ができます。

ただ、画面の裏という特殊な部分に付いているが故、

普通に使用している分には確認のしようがありません。

修理に持っていったら水没していると言われ、でも水に落としたことないし……

そういった場合は雨や湿気などで水没した可能性が高いでしょう。

雨が降っている時やお風呂での使用は「いつの間にか水没」を引き起こす原因になります。

iPhoneの耐水はあまり過信しないようにしましょうね。

 





アクセス:東京都豊島区西池袋1-3-5 後藤ビル2F

住所:〒171-0021

東京都豊島区西池袋1-3-5
後藤ビル201