TOP > 秋葉原店 > 秋葉原店スタッフブログ > 遂にiOS16の更新対象からiPhone7が除外…でも、正直まだ使えます。
秋葉原店
スタッフブログ

遂にiOS16の更新対象からiPhone7が除外…でも、正直まだ使えます。2022.06.07

iPhone6sに比べると早めの除外?




昨晩行われたAppleの発表会で新型MacBookや次期iOSの発表があり
SNSのトレンドもその話題で持ち切りです。

その中で修理店として気になるのは

「次期iOS16はiPhone8以降の端末に配信する」

というもの。

つまりiPhone7やiPhone6sはiOS15で更新が終わるということです。

正直、iPhone6sはApple史上で1、2を争う長期間更新されている端末なので驚きもしないですが
iPhone7は前例があるだけに少し早い更新除外だな、と感じます。

 

よくある質問「更新出来ないから使えないの?」




そして御客様のお話を伺っていると、こんな質問を頂くことも…
「更新できなくなったら使えなくなるの?」
…いえ、そんなことはありません。

実際のところiOSの更新に含まれる要素は大まかに3つあります

・新機能の追加
・セキュリティの脆弱性の修正
・既存のバグ修正

新機能の追加はまだしも、セキュリティやバグの修正はされないと心配、という方が殆どでしょう。

しかし、過去にも「深刻な脆弱性やバグ」に対しては配信が行われた事例があります。
直近だとiOS12で更新が終わっているiPhone6にセキュリティの脆弱性を修正する更新が降りてきたり
もっと前だとiPhone5に時刻設定由来のエラーが起きた際に、一度ありました。

よく考えれば分かることですが流石に

「バグるしセキュリティに問題があるけど更新はしないから買い替えて」

とは、よほどのことがない限り言われないでしょう。

 

値上がりも一つのトレンドに




また情勢不安による為替の変動、原価高騰による値上げの影響を受け
MacBookやMacなどの値段も円換算で、値上がり。

おそらくその内iPhoneシリーズにも影響が及ぶでしょう。

実際、今やiPhoneやiPadの製品は生活になくてはならないものですが…
そもそもの端末の販売価格が上がり続ける昨今、懐に響く耳が痛い話なのも事実です。

「買い換えなきゃ」と思う機会を減らしたい中で更新除外となると
中々心持ち穏やかではありませんが、実際は使おうと思えば使えるので
ある程度安心して、大切にiPhoneを使用したいものですね。