TOP > 新宿店 > 新宿店スタッフブログ > 古いiPhoneに最新iOSは毒
新宿店
スタッフブログ

古いiPhoneに最新iOSは毒2021.07.17

現在、iPhoneは最新12系まで出ています。




12世代って考えるとすごいですよね。

最近は新しいものが出る速度も速くなった気もします。

単純に時の流れが早く感じるおじいちゃんなのかもしれませんが。

そんな中新しいものにすぐに乗り換える人ばかりではないでしょう。

SEや6、7や8も今やもう古い部類に当てはまります。

今回書いていく内容はそれらの端末を使っている方々に特に読んで欲しいです。

 

身体の老化とパフォーマンスの低下




iPhoneを人間に例えてお話ししましょう。

最新の12さんは新人社員でやる気満々、若さゆえに様々なことを取り込み新しいことをすぐ覚え学んでいきます。

11~Xさんはベテラン上司。経験で12さんを上回り、仕事をスピーディーにこなせる慣れと扱いやすさがウリです。

一方、8以前さんはもう新しいことは覚えられず、今まで通りにしか行動できず、仕事が作業となってきます。

無理に新しいことを教えようとすると頭がパンクしミス、さらに他の問題も引き起こしかねません。

定年退職というものが存在しなければ人間社会でもこのようなことが頻発するでしょう。

つまり何が言いたいかというと、古い端末は新しいことを覚えさせると何かしら異常が出ます。

 

システムのバージョンアップは危険のオマケ付き?




iPhoneではiOS(iPhone用オペレーティングシステム)の更新が頻繁に行われています。

その都度端末の方でアップデートを行いがちですがこれはリスクを伴います

それはそうですよね。お年寄りにいきなりTikTokやInstagramをやれと言ってるようなものです。

リスクとしては一番嫌なのは容量オーバーによるリンゴループですね。

この状態に陥ってしまうと基本初期化するしか手が無いのでデータが消えます。

 

あとはバッテリーへの負荷が大きくなるので膨張や発熱、電源が落ちたり劣化が早くなったり。

確実に起こるのは減りが早くなる症状です。特にiOS14.6の方でお持ち込み多いです。

この症状は新しいバッテリーに交換しても直りません。

 

今、無事な端末も新しいものが出れば…




後に13や14が出るにつれ、Xや11にも同じようなことが起こる可能性が十分あります。

上げてしまったiOSは下げることはできません。

しかし、明確にここから危ないという線引きができるわけでもありません。

そのため、新しいバージョンが更新されてもすぐにアップデートせず、

周りの評価をしっかりチェックすることが大切となります。

現時点で上げていない方はこの情報を知っている方ばかりだとは思いますが、

少しでも多くの人に伝わり、これからも長く使い続けて頂きたいです。

最後に一番言いたいことをしっかりとお伝えしておきます。

 

自動アップデートはオフにしましょう!!


以上!!解散!!


 

 

iPhone修理ジャパン新宿店

東京都新宿区新宿3-28-1
アドヴァンスビル5F