TOP > 川越店 > 川越店スタッフブログ > iPhoneは小さい方が割れにくい?
川越店
スタッフブログ

iPhoneは小さい方が割れにくい?2021.02.03

iPhoneは小さい方が割れにくいのか?

iPhoneには様々な大きさがあります。











































































機種 高さ ディスプレイ 重さ
iPhone5s 123.8mm 58.6mm 4インチ 112g
iPhone6 138.1mm 67.0mm 4.7インチ 129g
iPhone6Plus 158.1mm 77.8mm 5.5インチ 172g
iPhone7 138.3mm 67.1mm 4.7インチ 138g
iPhone7Plus 158.2mm 77.9mm 5.5インチ 188g
iPhone X 143.6mm 70.9mm 5.8インチ 174g
iPhone Xs Max 157.5mm 77.4mm 6.5インチ 208g
iPhone12Pro 146.7mm 71.5mm 6.1インチ 187g
iPhone12mini 131.5mm 64.2mm 5.4インチ  133g

ざっと、iPhoneの大まかな機種の大きさや、重さなどの表になります。

大体の機種は、通常機種と大きめのPlus系やMAX系があります。

勿論、通常機種よりPlus系やMAX系の方が、大きかったり重かったりします。

ただ、通常機種でも新しくなるほど徐々に大きくなり、重くなっていくのがわかりますね。

ポイント①重い方が落とした衝撃が強い?


これは、物質の衝撃値になります。

重さ×衝撃値分のダメージを受けます。

そのため、対象物の重量が「重ければ重いほど」そのものにかかる負荷は大きくなると考えてください。

いろいろな状態の天秤のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

なので、重ければ重いほど落とした時の、本体に伝わる衝撃が強くなります。

これで、質量が重い方が落とした時などの衝撃が大きい事が分かります。

iPhoneの表を見て頂ければ分かりますが、新しくなる程質量が重くなる為、落とした時に本体への衝撃は、新しい程強くなると言えます。

ポイント!②大きい程割れやすい?


さて、タイトルには「小さい方が割れにくい?」とありますが、そこを伝えていきます。

まずは、iPhoneの画面についてです。

iPhone12シリーズ4機種のディスプレイには、「セラミックシールド」と呼ばれるガラスが使用されている。セラミックシールドは、ほとんどの金属よりも硬い「ナノセラミッククリスタル」をガラスに組み込んで作られており、Appleによると「スマートフォンの中で最も頑丈なガラス」で、耐落下性能が4倍向上しているという。

iPhoneは、新しくなる程、ディスプレイも強化されております。



iPhoneのディスプレイは毎年強化されていますが、大きさや質量なども大きくなっています。

スマートフォンは、片手で持つのが一般的に主流なので、大きくなれば、片手だと落としやすくなるかもしれません。

ポイント①で出てきた、物質の衝撃値ですが、大きくなるほど重くなり衝撃も大きくなります。

iPhoneが、新しくなっても大きさや質量が変わらず、ディスプレイが強化し続ければ、壊れにくくなるでしょう。

しかし、大きくなり質量も重くなっております。

結果的に申し上げますと、小さくて軽い方が割れにくいと思います。

新しい機種になればなるほど、画面は割れにくくなりますが、落とした時などの衝撃は強くなります。

衝撃が強い場合、画面が割れなくても、内部の液晶破損などがあります。

なので、わざと落としたりは無いと思いますが、小さい方が割れにくいと思います。

小さくても割れないわけではないので、落とさないようにするのが一番ですね。