TOP > 川越店 > 川越店スタッフブログ > 【 夏 の スマホ 注意報 】車の中でiPhoneだけでなく、充電器も注意が必要!?
川越店
スタッフブログ

【 夏 の スマホ 注意報 】車の中でiPhoneだけでなく、充電器も注意が必要!?2020.08.15

旅先で車を使用される方は注意して欲しい事!!




iPhone修理ジャパン川越店スタッフDです!

さてさて、夏も本番になり、30度を余裕で超える猛暑が続く中皆様どうお過ごしでしょうか??

お盆時期という事もあり、旅行に行く方や、実家に帰省される方もいらっしゃると思います。
その名でも必ずと言って良いほど登場する「車」ですが、今日は、その車でお出かけする際に是非注意して欲しい事や夏の車内の危険性を交えてお伝えしようかと思います。

実際にスタッフDの体験談も一緒にご紹介します(-_-;)

 

それではご覧ください!!

 

 


夏の車内の温度ってどれくらい??




この季節になると車で外出される方も多いですが、いざ乗り込もうと思い乗ってみたら、「熱っ!!!!」っ思ったこと多いと思います。

夏場の車内は非常に暑く、殺人級に危険な場所と言われています。
実際に親が子供を車内に置き去りにしてしまい、熱中症で亡くなったなんて事故も起きている位危険なのは常識として広まっています。

もちろん子供だけでなく、大人だって危険な程夏場の車内は危険なのです。

 

 

 

何も対策しないと車内温度は50度以上!?




大手ロードサービスJAFによるユーザーテストによれば、何も対策をしない場合、車内の温度は50度以上になるという実験結果が出ています。

これは、2012年の記録ではありますが、外気温が35度での実験なので今の気候と近い状況と言えるでしょう。

50度以上となると、もう熱湯風呂ですね(;´∀`)
熱中症どころか、命の危険を感じる暑さです・・・

最高気温でも57度になるという結果も出ています。(恐ろしいですね・・・・)

 

 

 

ダッシュボードはもっと危険!!!




こちらは、ダッシュボードにのせて数時間放置した時の実験結果です。

クレヨンやライターを置いてみたり、iPhoneを置いて実験して見た結果、1時間20分でクレヨンは溶けたり、ライターが割れたり・・・・
そして2時間で目玉焼きが完璧に作れました!(完全なエコですねww)

 

iPhoneに関しては数十分程で注意報になり機能が使えなくなりました・・・・
これだけみても恐ろしいですが、実際ダッシュボードの温度ってどれくらいなのか???

 

なんと、最高79度にまで達したそうです(;゚Д゚)

 

79度・・・・・・水がお湯になる勢いやな(;´Д`A ```







これほど高温になる場所なので、ダッシュボードでスマホを置いてナビを使用されている方は、止めたほうがよさそうです・・・・

 







参考記事 : 真夏の車内温度(JAFユーザーテスト)

 

 

 

 

実際にスタッフDに起きた事件




先日リアルに起きた事件をご紹介したいと思います。

私は家の中と車の中にそれぞれ専用の充電器を置いています。
充電器は常に車の車内に置いていて車内のインバーター(変圧器)に繋げて使用していました。

メイン端末の他に、サブ端末の方をいつもテザリングして使用してしたので、充電がそろそろ無くなりそうだと思い
端末に繋げようとした時の事です。

 

 

突然充電出来なくなる




なんとケーブルを挿しこんでみたら全く反応しませんでしたΣ(・ω・ノ)ノ!

 

そこで他の差込口で確認しても無反応。
ケーブルが一本しかこの時は無かったので、すぐに頭をよぎったのは・・・・

 

「・・・・壊れた????(;´・ω・)」
もう不安な気持ちでずっと運転していました(´;ω;`)

 

 

 

 

とりあえず、急いで新しいケーブルを購入




とにかくなんとかしないといけなかったので、すぐさま某大手家電量販店に行って充電器を購入しました!
端末側が壊れていたら、どうしようとかなり不安になりながら購入。。。

 

しかし、恐る恐る差し込んでみたら・・・・・・・・・なんと!!!結果ちゃんと反応しました!(この時物凄く安堵した感覚は忘れられないでしょうw)

 

恐らく猛暑を続いて、車内の温度が異常に暑かったこともあったので、高温に耐えきれずに壊れた可能性が高いと思われます。。。

 

まさかiPhoneの充電器が壊れるなんて思いもしなかったです。
購入できる所があったからいい物の、これが旅先だったらと思うと・・・・・(;´Д`A ```

 

 


充電器も車内に放置は危険!!




以上の通り、車内の夏場での危険性や温度によって充電器が壊れてしまう場合もあるという事がわかりました。

万一の事も考えて、旅行先では【充電器を車内に置いていく】のを避けた方がいいでしょう。

外気温よりも高温になる車の中に精密機械を入れて置く事自体が危険です。
充電器もスマホと一緒に持ち歩いてあげましょう(;^ω^)

私も温度で充電器が壊れるなんて思いもしなかったです。(純正なのに・・・)

車内の中には精密機械は置いて出ないようにしましょう。
どうしても置いていく場合は、車のトランクの隠し収納?に入れて置くと大丈夫です(。-`ω-)b←スタッフD実証済み

 

今日のブログはここまでです!
夏は水没に気を付ける以外でも、敵は水だけではない事を肝に銘じて、楽しいサマーバケーションをお楽しみください!
またお役立ち情報があれば、ブログにてご紹介いたします。

それでは~~~~~( ´Д`)ノ~バイバイ