TOP > 川越店 > 川越店スタッフブログ > iPhoneのSiriが勝手に喋る!!画面が真っ暗。操作できなくなった。直し方をご説明致します! VoiceOverについて。
川越店
スタッフブログ

iPhoneのSiriが勝手に喋る!!画面が真っ暗。操作できなくなった。直し方をご説明致します! VoiceOverについて。2020.08.08

iPhone修理ならiPhone修理ジャパン川越店へお任せください。

iPhoneの不具合、故障はもちろん、データ移行などのご相談にも乗らせていただきます👍

 

さて、今回はiPhoneが勝手に喋りだしてしまい、

文字を押しても四角く枠が囲われてしまって操作不能だったり、

再起動すると画面が一瞬つくけどすぐ消えて、画面が真っ暗だけどSiriはずっと喋り続ける、なんて状態のiPhoneについてです。

 

 
VoiceOverとは?

 

Siri 勝手に 話す

 

 

なんでいきなりVoiceOverの話なんてするんだ?と思われちゃいますが、

実は今回の症状、VoiceOverが関わってきている症状なんです。

 

VoiceOver(ボイスオーバー)とは、視覚に障がいのある方がiPhoneを操作する際に使うものです。

項目をタップすると、女性または男性の声でその項目がどんなものか、

それを行うとどうなるのかを読み上げてくれるものです。

 

これがオンになっていると、勝手にiPhoneが喋りだし、項目を読み上げます。

「バグった?」「iPhone乗っ取られた!?」と思っちゃいますが大丈夫です。正常です。

 

iPhoneを購入して設定をいじっているときにもしかしてオンにしちゃったかもれしれません。

 

逆に設定の仕方は、

iPhoneの設定アプリ⇒アクセシビリティ⇒VoiceOver

です。特に使用目的が無い方はオンにしないように!!面倒なことになっちゃいます(>_<)

 
解除方法は?



iPhone Siri 勝手に話す 直し方


「これじゃあ操作できないし早く直して…」

って、感じですよね。

 
VoiceOverの症状


・画面の操作ができず、ボタンを押しても読み上げてしまう

・Siriがずっと喋ってる

・再起動すると、画面が一瞬見えるけどすぐ暗くなってiPhoneがまた喋りだす

・画面をタップすると読み上げて、タップしたところを四角く囲ったマークだけ出て操作できない。


 
そんな症状であればおそらくVoiceOverがオンになってます。

 
特に何もしてないのに、突然なったって時は

ホームボタンがあるモデル は

ホームボタンを3回連続で押して下さい。

ゆっくりじゃなくていいですけど、早すぎないように。

 
ホームボタンがないモデル は

スリープボタン(電源ボタン)を3回連続で押して下さい。

上記同様ゆっくりでも早くもないスピードで。

 
突然なった!っていう方は、上記を行えば直るハズです!

 
上記で直らない場合。

iPhone 乗っ取り

もし直らなければ設定直後なのかも。

パスコード入力画面でパスコードを入力する際、入力したいボタンを3回入力します。

たとえばパスコードが1234なのであれば、「111、222,333、444」と押します。

(パスコード設定が無い方は入力なしでOK)

 
画面が開きましたら、設定を3回タップで開きます。

開いたらアクセシビリティを開きます。スクロールは3本指で。

 
アクセシビリティを開いたらVoiceOverを3回タップ。

オフのボタンを3回タップ。

これで直るハズ。

突然モードが入ってしまうと困っちゃうVoiceOver。

使用目的がないのなら、設定時にはVoiceOverをオンにしないように!お願い致します(T-T)!!

 
iPhoneの液晶破損かも?

iPhone Siri 勝手に喋る 操作できない


上記をやっても画面がつかず、Siriだけは起動する!っていう場合は、

もしかしたら液晶が悪くなっているかも。

落としてからSiriや通知はなるけど画面がつかない…なんて場合は液晶破損のケースが多くあります。

 
当店、iPhone修理ジャパン川越店なら即日、データを消さずに修理が可能!!

お客様自身で内部のデータを消していなければ、当店にてデータを残したまま修理ができるんですよ♪

 
ご相談などだけでも大歓迎です!

データバックアップのご相談や、修理するかしないかなどの相談ももちろんお任せ下さい!

 
お電話でもご案内ができますので、

お困りごとがございましたら気軽にお電話ください♪

 
お待ちしております!


iPhone 写真