TOP > 川越店 > 川越店スタッフブログ > 通信制限が来ていないのに遅い?iPhoneの動作改善方法
川越店
スタッフブログ

通信制限が来ていないのに遅い?iPhoneの動作改善方法2020.08.11

iPhoneの通信が遅い原因と対処法をご紹介


iPhoneの通信が遅い場合の対処法

iPhoneを使っていて、通信制限じゃないのに通信速度が遅かったり、動作が重くてイライラしたご経験はありませんか?

気になって調べてみても、「通信制限が原因です」と、通信制限以外の原因についてあまり言及されていないことが多いです。

今回は通信制限ではないのにiPhoneの通信速度が遅い場合の対処法についてご紹介していきます。

どれも簡単な方法ですので、是非ご参考ください。

 

iPhoneの通信が遅い原因


iPhoneの通信が遅くなる原因

利用制限ではないのにiPhoneの通信が遅い原因を考えてみます。

通信制限以外の原因でiPhoneの通信が遅くなるのは、外部のネットワーク環境が不安定、Wi-Fiの電波を拾っている、キャリアの通信障害、SIMがOSに対応していない等が挙げられます。

それぞれご紹介していきますので、思い当たるものが無いか確認してみましょう。

 

外部のネットワーク環境が不安定


外部のネットワーク環境が原因

地下鉄の電車に乗っている最中やエレベーターの中にいる時など、ネットが繋がりづらく、高速移動しているような状態だとネットワーク環境が不安定なため、動画のストリーミング再生や大容量のファイルのダウンロードは上手くいかないことがあります。

地下から屋外に出た瞬間や電波が良くなった瞬間には、これまで遅延していたネット上のやり取りが一気に行われるため、動作が読み込み中からしばらく動かなくなることもあります。

その場合には一度アプリを終了するか、ネットが安定するまでそのままで待ってみましょう。

 

Wi-Fiの電波を拾っている


Wi-Fiの確認

最近は多くの場所でフリーWi-Fiが使えるスポットが増えています。

そのため、iPhoneのWi-Fiをオンにした状態で使用していると、知らぬ間に繋ぐつもりのないWi-Fiに繋がってしまうこともあります。

フリーWi-Fiは通信量節約にはとても役立ちますが、移動しながらネットワークを利用する際には、通信妨害以外の何物でもありません。

Wi-Fiを繋がずにiPhoneを使う場合にはWi-Fiの設定をオフにしておきましょう。

 

キャリアの通信障害


年に1度あるか無いかの非常に稀な事態ですが、通信キャリアの通信障害が原因でネットに繋がらないことがあります。

大規模な通信障害であれば、TwitterなどのSNSで同じような状況の人が何かつぶやいているかもしれないので、Wi-Fi環境を利用して調べてみるといいかもしれません。

また、通信障害時は特に対処することが出来ないため、各社の復旧が終わるのを待つ他ありません。

 

SIMが最新OSに対応していない


SIMが対応していない

格安SIM等が販売するSIMカードが最新iOSに対応していないことがあります。

iPhoneを新しくしたらネットが遅い場合やiOSアップデート後にネット環境がおかしくなったと感じた場合には、OSの不具合か、SIMの非対応が原因となるので、まずは契約中の通信会社のホームページを確認して、最新のiOSに対応しているか確認しましょう。

その後、iOSの不具合情報が無いかチェックします。

 

iPhoneの通信が遅い場合の対処法


解決策

iPhoneの通信が遅い場合の対処法についてご紹介していきます。

デバイスの再起動、キャリア設定のアップデート、Wi-Fiルーターの再起動、アプリのアップデート、とありますので順番に確認してみましょう。

それぞれ順番にご紹介していきますのでご確認ください。

 

デバイスの再起動


iPhoneを再起動することによってネットワーク通信の不調が復旧する場合があります。

多くの場合は再起動によって復旧するので、iPhoneに不調を感じた場合にはまず再起動してみることをお勧めします。

再起動の詳細な方法については関連記事をご覧下さい。

関連記事:iPhoneの再起動が全ての不具合を解決する!?方法と解決しない時の対処法

 

キャリア設定のアップデート


キャリア設定が古いことによって、iPhoneのネットワーク通信に何らかの障害が起こっている場合にはキャリア設定のアップデートを行うことで通信が改善されることがあります。

キャリア設定をアップデートするには

設定アプリを開く→「一般」→「情報」を選択

アップデートが必要な場合には「キャリア設定アップデート」”利用できる新しい設定があります。今すぐアップデートしますか?”というポップアップが表示されるので「アップデート」をタップします。

アップデートが必要ない場合には何も表示されません。

上記手順でキャリア設定のアップデートが出来ますので、なぜか通信が遅い場合には一度試してみましょう。

 

Wi-Fiルーターの再起動


iPhoneのネットワーク通信でWi-Fiを使用している場合にはWi-Fiルーターが影響してネットが遅い場合もあります。

そのためiPhoneのネットが遅いと感じる場合には一度Wi-Fiルーターを再起動してみるという方法も試してみる価値があります。

また、Wi-Fiルーターは回線の混雑状況によって、スピードに差が出るのでどうしても遅い場合にはモバイルネットワークを使ってネットワーク通信をするほかありません。

さらに、移動中などには、公共のWi-Fiなどをつかんでしまってネットが急に遅くなることがあるので、不要な場合にはiPhoneのWi-Fiをオフにしておくことも大切です。

 

アプリのアップデート


特定のアプリを使用中のみ動作が遅い場合にはそのアプリが何らかの障害で動作しなくなっている可能性があります。

まずは使いたいアプリの最新版へアップデートを行いましょう。

もしもアップデートが無い場合にはアプリの制作側がメンテンナンスなどを行っている可能性があるので、公式HPなどをチェックしてみてください。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?

通信制限じゃないのにiPhoneの通信が遅くなる原因の多くはWi-Fiにあります。

iPhoneが公共のフリーWi-Fiなどを一瞬でも拾ってしまうと、通信が止まったり、急激に遅くなったりすることがあるのです。

特に、使用するネットのGBを節約しているかたは、Wi-Fiをオンにしっぱなしにして移動することも多いと思いますので、注意しておきましょう。

また、それ以外の原因に関しても一通り解説いたしましたので、Wi-Fiをオフにしても解決しない場合にはお試しください。

最後に、iPhoneの通信が遅い原因は通信制限が第1位ですので、今一度ネットワーク通信量をチェックすることも大切です。

以上”通信制限が来ていないのに遅い?iPhoneの動作改善方法”でした!

それでは!