TOP > 川越店 > 川越店スタッフブログ > バッテリーの劣化によるiPhoneの不具合
川越店
スタッフブログ

バッテリーの劣化によるiPhoneの不具合2020.07.28

iPhone修理ジャパン川越店です。

今回はiPhoneのバッテリーが劣化しているときの主な症状をご紹介します!

 

 
  目  次  


 

 

 
1.充電の減りが早い

この症状はバッテリーが劣化すると最も起こる症状だと思われます。

特に起動して操作をしていないのに、ふとスマホをみると充電が50%を下回っている…とか、

前までゲームをしていてもこんなに減らなかったのに、ガツガツ減っていってしまう、など。

そんな症状であれば、バッテリーの劣化が考えられます。

iPhoneの場合、iOS11.3以降のソウトウェアであれば、バッテリーの最大容量を確認することができちゃいます。

やり方はかんたん!確認の仕方は【設定】⇒【バッテリー】⇒【バッテリーの状態】から確認ができます。

アップルさんでの交換目安は、80%を切ってからと言われています。もし、80%を下回っていれば交換時期かもしれませんね。

 

ちなみに、バッテリーの劣化具合はバッテリーの項目から確認できる、こちらのグラフからある程度把握することができます。



緑色の線がゆるやかではないグラフの場合、バッテリーの劣化が考えられます。

上記のグラフは正常なものです。

 

 
2.急に電源が落ちる

iPhoneはバッテリーがヘタっていると、勝手に電源を落としてしまうことがあります。

その際、再度起動をすると

「このiPhoneで、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。」

という文章が設定アプリから表示されるのです。

この表示はバッテリーがもう弱っていて起動していられないよ~という内容のものですね。

こちらも上記と同じで、バッテリーの劣化で起こります。

この表示が出たら今後頻繁に電源が落ちてしまう可能性がありますので、お早めのバッテリー交換を。

iPhoneの寿命はいつくる?

 
3.起動しない・リンゴループ

しばらく使っていなかったiPhoneを起動しようと充電器を挿してみても充電マークすら表示されない…

そんなiPhoneは、バッテリーの劣化が考えられます。

他にもリンゴループという、再起動を繰り返す症状のものもバッテリーの劣化で起こってしまうことが。

リンゴループの場合、夜間のソフトウェアアップデートがうまく行っていなかった場合や、

容量がいっぱいいっぱいで起動できなくなってしまった場合などもあります。

起動しない=バッテリーというわけではないので、要注意。

リンゴループの場合、リカバリーモードというモードに入れて、パソコンにつなぎアップデートをすることで改善されるケースと、

リカバリーモードにいれて復元(データの初期化)をすることで改善するケースとがあります。

もし上記2種類でも直らない場合は、バッテリーか基板の損傷が原因である可能性が高いです。

当店であれば基板修理以外であれば即日可能です。気軽にご連絡ください。



 
4.動作が重たい

どの動作をするにしてもラグを感じて動かしづらい!

そんな場合はバッテリーが理由の場合も。

もちろん、容量がいっぱいで動きが鈍いっていうケースもあります。

1番で説明したバッテリーの劣化具合と、iPhoneのストレージを確認してみてくださいね。

iPhoneのストレージは最低でも空き容量5GBは確保してください。

もし5GBを下回っている場合、アップデートをした際に容量がいっぱいでアップデートができず、

上記で記載したようなリンゴループに陥ることもあります。

バッテリーが理由で本体の動きが鈍い場合は、同時に突然落ちてしまったりします。

バッテリーの劣化でうまく電流が流せないと最悪起動しなくなるケースあります。

少しでもiPhoneが異常な動きをした場合は早めに修理に持っていってくださいね。

まれに、「この程度の故障で修理として持って行って良いのか迷った」とおっしゃる方もいますが

修理に大きいも小さいもありません!すべて故障です。遠慮なくお持ち下さい。

画面が真っ暗だけど音は鳴るiPhone

 

 
5.充電ができない・充電がたまらない

充電をしても20%から上がらない。充電が100%だったのに突然表示が変わる。

そんな症状もバッテリーの劣化で起こります!

特に怖いものが充電が上がらないもの。基板の損傷である場合も考えられるのですが、

バッテリーを交換してからお客様自身で使用して頂いて、バッテリーを0%近くまで使っていただいて

そこから充電を試してみていただかなくてはなりません…。そうなると時間も手間もかかってしまうという…。

充電が上がらないという症状の方はぜひ、早めの時間にご来店して頂ければと思います(>_<)

 

 
6.バッテリーの膨張による液晶破損など

普段ケースをしていたから気づかなかったけど、バッテリーが膨張して画面が浮いている!

なんてご相談に来られる方、少なく有りません。

バッテリーが膨張して液晶に線が入ってしまい、液晶交換で来られる方もいらっしゃったり。

その場合はバッテリーも交換しないとまた液晶が破損してしまいますので、

同時にバッテリー交換も、ということになってしまいます。

バッテリーの膨張は早めに気づけば液晶は無事であることが多いです。

たまにケースを外して、本体を拭いたりするついでに確認してみてくださいね。



 

 

以上、バッテリーの劣化でiPhoneに起こりうる症状でした。

まだ使えているから修理はいいや、と後回しにしていると電源が入らなくなってしまうこともあります。

一つでも当てはまるようであれば、なるべく早めにバッテリー交換を!

 

当店であればバッテリー交換がデータそのまま、即日修理。

ご予約で修理料金がお値引きになります。ぜひご予約ください。お待ちしております。