TOP > 秋葉原店 > 秋葉原店スタッフブログ
秋葉原店
スタッフブログ

iPhone/iPad/ipod touchのバッテリーが膨張してしまうのは、何が原因?2022.09.01

悩ましいバッテリー膨張の問題




iPhoneを始め、iPadやiPod touchを動かすのに重要なパーツの1つ
「バッテリー」

iPhoneなどの製品に限らず、様々なスマートフォンや電子機器に搭載されている
現代には欠かせない部品の1つでもあります。

しかし、リチウムイオンバッテリーとiPhoneやスマホの関係性を語ると
必ず出てくる話題があります…それがバッテリー膨張

近年では地上波のニュースでも見かける機会が多くなりましたが…上の写真のように、iPhoneの画面が浮いてしまったり、iPadの画面が湾曲したり、と
バッテリー膨張が及ぼす影響は目に見えてインパクト大。
正直、修理屋さんでも目にする度「おぉ…」と声が漏れる相談内容です。

もちろん、原因となる膨張したバッテリーを取り除き、新しい健康なバッテリーに交換することで見た目にもスリムだった頃の状態まで戻すことは可能です。

しかし、このインパクトを忘れられないお客様から

「どうしてバッテリーが膨張してしまうの?」

と、質問をいただくこともしばしば。
今回は少しだけ、原因と要因について説明してみます。

 

まずはバッテリーの構造から




iPhoneのバッテリーの形はモデルにより様々です。
大抵のiPhoneでは縦横比18:9程度の長方形のもので、最新のモデルではL字型に変形をしていたりもします。
一貫して、見た目の共通点があるとすれば、バッテリーの色が黒いというところでしょう。

この黒い部分は「被膜」で、バッテリーセルが内包されています。

なぜ、バッテリーが黒い被膜で覆われているか?というと
それはバッテリーセルは酸素と反応することで、発熱・発火するものだからです。
(化学反応ですね、理系の方には目を瞑って頂かなければいけない解説なのは重々承知です)

つまり外気からセルを守っている、ということですね。
しかし、この黒い被膜、優秀な故にバッテリーの膨張にも関わって来ます。

 

リチウムイオンバッテリーは普段から…




実はリチウムイオンバッテリーは、充電と給電をしている間に微量のガスを発生させています。
これは電気を生み出す科学反応の際に必ず出るものですが、健康なバッテリーでは「自然に消化」される量のものです。

しかしバッテリーの劣化と共に、発電効率が落ちると…ガスの量も次第に増えていきます。

ガスの量が増え、自然に消化する量を超えたとき…
先程のバッテリーを外気から完璧に守ってくれる被膜の中に充満し…

時に、餅のように

時に、ハマグリのように

画面やその他のパーツを持ち上げるのです。

そして先程「外気から守るための皮膜」と解説をしましたね。
ガスでパンパンに膨れ上がったバッテリーの皮膜に、尖った物や、圧力がかかるとどうなるか?
バッテリーが破けることが容易に想像出来ますよね。

そして外気に触れたバッテリーセルは化学反応を起こし、発熱や発煙、最悪の場合は発火に繋がります。

 

バッテリーの膨張を未然に防ぐには




バッテリーが膨張する仕組みは、なんとなくご理解頂けたと思います。
これは2年以上、継続仕様されている劣化したバッテリーでは確率的にいつ起きてもおかしくはない事象です。

しかし、中には4年使っていてもバッテリーの膨張なんてつゆ知らず、なんて個体もあります。

そんな個体差の中でも、一番のポイントは…
やはり「充電の方法」でしょうか。

バッテリー膨張でお持ち込み頂いた方の8割は充電器に繋いだまま使用していた(または長期間、充電したまま放置した)と仰っしゃられます。

ノートパソコンでは、バッテリーが満充電になった段階で自動的にメインボードにコンセントから直接給電する方式がほとんどですが…

iPhoneを始めとしたスマートフォンでは、バッテリーが満充電だとしても…
必ずバッテリーに蓄電してから電力を供給しています。

つまりリチウムイオンバッテリーに断続的に充電と給電を繰り返させることになります。
少し汚いお話になりますが、人間に例えると食べながら常に排泄している状態です。
そんなものが健康に良いわけがありませんよね。

充電と給電をずーっと繰り返すことで、バッテリーの発電効率は更に低下。
バッテリーはそれでも頑張って電力を供給しようとしますが、ガスの量は増える一方。
そして最後には膨張をしてしまうということです。

 

劣化したバッテリーは充電までの稼働時間が極端に短い




また、最初からそのような充電方法をしていなかったとしても…
1年半から2年ほど使用し、劣化したバッテリーは蓄電量が減っていきます。

蓄電量の低下=バッテリー残量の減りが早いということにもなります。
そうすると必然的に充電器に接続する回数、時間は増えていき、更に悪化すると…
結果「充電器に繋いでいないと電源が入らない」症状にも繋がっていきます。

新品のバッテリーでは蓄電量が100%
これはバッテリーの状態から表示出来る「最大容量」と同じ意味になります。

そして1年半から2年使用したバッテリーの蓄電量(最大容量)の平均値は80%~70%となり、当初の大凡3割減となります。

iPhoneやiPadの右上に表示されるバッテリー表記の100%も、この蓄電量の内から算出される数値となるので…
3割も低下したバッテリーでは、使用時間が短くなるのも必然ですよね。

これを更に使い続けると蓄電量は更に低下し、最大容量60%台に突入すると
電源が入らない、充電していないと使えない、そんなiPhoneやiPadが増えてきます。

また、バッテリーの膨張が現れる端末も増えていきます。

 

結論、バッテリーの膨張は…




結論、バッテリーの膨張は

・充電方法に難がある
・劣化したバッテリーを使用し続ける

この2点が主な原因、要因となりますね。

もちろん「いま使えているからいいか」と思う方も多いと思います。
ですがバッテリーの不調は普段から無くてはならない存在となったiPhoneやiPad、iPod touchに思わぬ症状を引き起こすことがあるということも忘れてはいけません。

今までの使い方を、時間を巻き戻して変えることは出来ません。

しかしバッテリーの交換は行なえますので、お気軽にご相談ください。

歩きスマホが大好き!なあなたへ送る、iPhoneを落としたときに起こりうるトラブル2022.08.13

歩きスマホ、してますか?




世の中の行動宣言が解除され、町中にも人が戻ってきた昨今。
電車も街角も全ての場所で「歩きスマホ」「ながらスマホ」を見かけます。

私からすると「なんて器用なんだ」と関心すら覚える様相に
少しばかりの皮肉を込めて、熱い目線を送ってしまいます。

iPhoneの修理屋さんなので、その目先に映るものも多少なりとも見方が変わっておりますが
如何せん、良い方向で見続けられるものではありません。

修理屋さんだからといって、壊れたiPhoneを常に歓迎できるほど
壊れたものを診る気持ちは穏やかでは無いということですね。

常にiPhoneが被害にあう、不注意による落下




もちろん、重力が存在する以上はiPhoneが落下する理由の全てが不注意とは限りません。
ただ大半は「歩きスマホ」「ながらスマホ」が原因だと感じます。

そんなiPhoneの自由落下を眺めながら、スローリーな走馬灯の中で思うことは…
「どうか割れないでくれ」という絶望と隣合わせの少しの希望でしょう。

しかしiPhoneの画面は大まかに分けると「ガラス面」「液晶面」の2層構造となっています。
破損に関して言えば、この2層のうち

・ガラスだけが割れる、ガラス破損
・液晶だけが壊れる、液晶破損
・もしくはその両方

これだけの危険を歩きスマホによって、iPhoneに背負わせていると思うと
私のような小心者には、とてもではありませんが歩きスマホは出来ません。

もし落としたスマホやiPhoneを拾い上げて、ガラスが割れていなかったとしても
液晶内部が破損をしたり、タッチセンサーが破損をしていると操作そのものが難しくなる場合もあります。

 

iPhoneは一番身近な「精密機器」




そして幸運にも画面に異常が見られないこともあるでしょう。
とてもラッキーで、命すら救われたような幸福感を齎すと思います。

しかし、安心は出来ません。

皆さん、忘れていませんか?
iPhoneは今、日本人に一番身近な「精密機器」です。

書いて字の如く、精密な機械工作物であるiPhoneは、衝撃に対してガラスよりも脆く
さも平然と動いているように見えても、電子基板上で何が起きていてもおかしくありません。

皆さん、気付いていないのか、知らないのかはわかりません
ですが修理のご相談の際によく伺う言葉TOP3を発表します。

1位「このくらい(1メートル)から落としただけなのに」

2位「今まで動いていた」

3位「問題なかった」

これらは恐ろしいほどの数、聞いてきました。

ですが、よく考えてみて下さい。
人間が3階建ての建造物から落ちたら「このくらいから落ちただけなのに」なんていえますか?
頭を強く打った人に「今動けるなら歩いて帰って」なんていえますか?
そして「全て問題なさそうだから」と言い切れますか?
答えはNOですよね。

iPhoneと人間の縮尺を変換し、その高さを考えてあげてみて下さい。
ことの重大さに寒気がするはずです。

スマホ修理屋さんからの小さなお願い




歩きスマホはやめて下さい。
結論はここです。

もちろん、上で挙げたように画面破損や基板の損傷以外にも
iPhoneの心臓とも呼べるバッテリーも衝撃には弱く、不安定になる可能性が高く
また、それは簡単に故障を表してくれない沈黙が上手なパーツでもあります。

正直な話を極端な目線で修理屋さんの目線から致しますと

「歩きスマホで人間が怪我をしても、自然治癒能力がどうにかしてくれる分マシ」

iPhoneやiPadなどの機械は自然に直るものではありません。
扱い方を間違えれば簡単に壊れてしまいます。

もちろん我々、修理屋さんは全力を尽くして壊れたiPhoneを直そうと考えています。
ですが修理店も万能ではありません…魔法使いではありませんから。

 

iOS15.6配信。バグや不具合がなくても、バッテリーの消耗は激しい。2022.07.25

検証しなくてもわかるレベル。




過去、何度かに渡りiOS15番台の実機使用検証を行ってきました。
その中で得られた発見、使用感については下の記事を御覧ください。

https://iphone-shuuri.jp/shop/akihabara/blog/23635/
https://iphone-shuuri.jp/shop/akihabara/blog/32330/
https://iphone-shuuri.jp/shop/akihabara/blog/32544/

これまでの間に活躍してくれたiPhone7は無事に次のオーナーの元へ旅立ち
今頃は大容量ストレージを活かした余生を過ごしていることでしょう。

今まで最新のOSに耐えきってくれたiPhone7が無い今。
では今回のiOS15.6のアップデートの話題はどうするのか?

正直、もう最新のOSに更新したくありません。




一昔まえのiPhone6sやiPhone7を愛用している身としては、いくら検証のため、記事作成のためとは言え…
実用で使いたいiPhoneのiOSを最新の物に更新をして使うという行為が愚かしく思えて仕方がありません。

最新寄りの機種のように追加機能が全て使えるわけでもありません。
ましてや古い機種ではバッテリー駆動時間の低下、処理速度の低下を招く事が殆ど。

愛用しているアプリが古いOSに対応しなくなったら…それは仕方がないかもしれません。

ですが折角、古い機種でもしっかり動いてくれる実用的な寿命が長いiPhoneを使っていながら
iOSの更新で実用時間を失ってしまうのは、勿体ない話です。

もちろん、iOS更新が必要な理由はそれだけではありません。
様々なバグフィックス、セキュリティ面での不安を取り除く要素もあります。

しかしエンドユーザーが本当に求めているのは…

充電の心配をせずに使える端末

ではないでしょうか。
今まで検証をしてきたわたしも例に漏れず、その一人です。

もうiOSの更新で絶対的な使用時間を制限されるのはウンザリです。

 

iOS更新の嫌な要素、一度更新したら「戻せない」




さらにiOSの更新は一度、最新のものを導入すると…
iOSの配信開始から1週間程度までは最新の1個前のバージョンに戻すことが出来ます。

しかし、そこを過ぎると古いOSは導入が出来なくなります。
またこの要素の中で、もう一つ厄介なのは「任意のiOSバージョンを選択できない」点です。

例えば

iOS13から現行最新のiOS15.6にアップデートした場合。
iOSバージョンを戻そうと思ってもiOS13には戻せません。

出来るのは1つ前のバージョンであるiOS15.5に戻すことだけ。

つまり古い機種に試しに最新OSを導入した場合、戻そうと思っても
快適に使えていた古いバージョンを導入することはできません。

 

iPhone7までの機種では最後のiOS更新になるかも




更に皆さん既にご存知だと思いますが…
iPhone6sやiPhone7は次のバージョンとなるiOS16の更新対象から外れました

つまりこのiOS15.6への更新が最後になる可能性があり
もし適用したあとで「なんか違うな」と思っても

行き止まりの袋小路へ追い込まれたのと同じ状況になります。

つまり解決策は

1.バッテリーが傷んでいる場合はバッテリーを交換し、少しでも駆動時間を伸ばす

2.買い替え

この2択になります。

仮に、このどちらを選んでも悩ましい点は多々あるでしょう。
一介の修理屋さんが自分でiPhoneを使用した上で、ここまで言うのですから…