TOP > 川越店 > 川越店スタッフブログ > データバックアップをしない人が急増?その理由は?【iPhone】
川越店
スタッフブログ

データバックアップをしない人が急増?その理由は?【iPhone】2021.07.18

日常的にデータバックアップを行っている方は意外と少なく、


10~30代の方は得にしていないそう。


今回はデータバックアップする理由とバックアップについてをお話させていただきます。


何故バックアップをしない人が多いのか

他のブログや修理業者のHPを見ていると必ずと言っても過言ではないくらい

「バックアップをとっておきましょう」

と伝える方が多いです。

どんな故障や不具合でも最悪バックアップをしましょうと記載されているにも関わらず何故

バックアップをしない方が多いのでしょう。理由はいくつかあります。
○若い年代に多いiCloudの可能容量超え

実はあえてバックアップを取らないのではなく、若い年代はバックアップを取れる機器がなく

バックアップすることが出来ないというのが多い理由の一つ。

iPhoneは1台のパソコンで連携することが出来、いつでも簡単にパソコンにデータを保存することが可能ですが、

若い子が皆自分用のパソコンを持っているのか?と聞かれると多くは無いはずです。

そもそもiPhone自体が進化していきパソコンレベルの性能があるので必要ないのです。

パソコンがない状態でバックアップを取る為に出来る方法がiCloud。

Wi-Fi上のボックスにデータを収納することが出来ます。

iPhoneは自動バックアップ性能がついており、オンになっていると電源に接続されていてWi-Fiに繋がれている状態の時に自動にバックアップされます。設定→iCloud→iCloudのバックアップでオンかオフカ確認しておきましょう。

 
ポイント! また、設定が元々オンの状態なので自身でオフにしなければならないので

設定した覚えのない方はほとんどがオンの状態になっています。


このiCloud、いくらWi-Fi上だとしても容量が限られており、初期状態(無料)の場合は5GBとかなり少なめ。

容量拡大には月々の料金が必要になります。このため、多くの人は保存したい容量が多く、月額で課金もしていないので

iCloudに保存したくても出来ないのです。
○バックアップ出来る物が限られているから

お次の理由はバックアップをしたところで自分の欲しいデータはまた別で保存しなければならないから。です。

通常のバックアップで保存出来るデータは以下の通り

写真・ビデオ・カレンダー・メモ

メッセージ・メール等。

最近はLINEやゲームアプリを利用している方が多く、データはアプリのほうが大事!という方も多いのも現状です。

LINEや多くのアプリは個々でのバックアップ/引き継ぎが必要です。

また、LINEのトークのバックアップはiCloud上で保存するので(LINE内での設定が必要です)

写真やメッセージを利用してない方はあえてバックアップをせず、LINEのトーク履歴用に容量を確保する方もいらっしゃいます
○バックアップが面倒くさい

バックアップの時間は端末や情報量によって異なります。時間もかかるしいちいちバックアップを取るのが面倒な方も勿論いらっしゃいます。



 

 
バックアップを取らないとどうなるのか

これは皆様もご存知の通り、初期化した場合
データが消えてしまい復元できなくなります。

でも中には「初期化なんてそうそうしないから大丈夫」

という方も多くいらっしゃいます。

初期化する時は自分で初期化する以外に

 


○故障・水没してしまい買い換える必要がある

○iPhoneにエラーが起きてしまい、リンゴループしてしまった

○画面ロックを何度も間違えてしまい、初期化しないといけなくなった


 

の3つが主に挙げられます。

iPhoneはいつ何が起こるかわからない状態なので

意外と【初期化は身近にあるもの】なんです。



 

 
写真や連絡先をとっておきたい方は定期的にバックアップを。

バックアップを取らなかった事により過去のデータが消えてしまう・・

それも自分でやろうと思ったわけじゃないのに・・

なって事がiphoneには起こることがあります。

最悪のときに備えてバックアップすることはとても重要なことなのです。