iPhone修理ジャパン

  • TELTEL
  • メニューMENU
TOP > iPhone11ProMax

iPhone11ProMax 修理店レビュー

iPhone11ProMaxとはどんなスマホ?

大画面でゲームも動画もサクサク高性能、背面ガラスは指紋が付きにくくお洒落に!

iPhone11ProMaxの特徴
  • Super Retina XDRディスプレイで画面が鮮明で綺麗が表示
  • A13 Bionic搭載でサクサク動作
  • 1,200万画素の超広角、広角、望遠のトリプルカメラ+インカメラ
  • スマートHDRで逆光に強いアウトカメラ
  • 耐水性能向上、今まで以上に水に強く
  • Wi-Fi 6に対応で、Wi-Fi5より通信速度が約1.5倍高速に
  • 顔認証(faceID)搭載
  • 6.5インチの大画面
  • 背面がすりガラスのようなテクスチャードマットガラス
  • 同梱充電ケーブルがLightning+typeCで高速充電

iPhone11ProMaxのスペック

スペック

スペック
発売時期 2019/9/20
CPU Apple A13
内蔵メモリ 6GB
充電ケーブル Lightning
画面サイズ 6.5インチ
画面解像度 2688x1243
ストレージ 64GB、256GB、512GB
バッテリー容量 3969mAh
背面カメラ構成 12MP超広角カメラ、12MP広角カメラ、12MP望遠カメラ
77.8mm
高さ 158mm
厚み 8.1mm
重量 1226g
カラー シルバー、ゴールド、ミッドナイトグリーン、スペースグレイ

ProMaxな性能と大画面、楽しみ倍増!

サイズも性能も、価格もProMaxな端末。前作Xsmaxとくらべてカメラは広角・超広角・望遠と3種類に増えた上に画質も綺麗になり夜景もしっかり撮れる等になりました。バッテリー量も増え充電切れの回数は減りました。そして使用されているチップの性能は段違いでサクサク動作。大きい画面でゲームをプレイするのにオススメ機種!

iPhone11ProMaxでよくあるトラブル

ガラス割れ

11proMaxは画面が大きく、手が小さな方は落としやすく。また、アウトカメラも大きくて重くなり、重心が上側にある為に手から取り落としやすくなっています。落下させてしまってガラス破損してしまうケースが多いです。

アウトカメラレンズ割れ

iPhone11シリーズは前iPhoneシリーズよりカメラが大きくなり数も増え、出っ張り具合も徐々に出っ張っています。その為、落としたりぶつけたりでカメラレンズが破損してしまうケースが多いです。

アウトカメラ破損

iPhone11promaxは画面が大きく見やすいと、バイクのハンドルに固定してナビに使われる方が多いです。実はiPhoneとバイクは相性が悪く、バイクのエンジンの振動周波と路面での振動でアウトカメラのオートフォーカス(ピント合わせ)機能が故障してしまうのです。

maxから新たにpromaxsへ!

iPhone XS Maxと11 Pro Maxの違いは色々とあります。

サイズは少し大きくなり、アウトカメラの数が3つに増え、画面のガラスがXSMaxより頑丈になりました。

iPhone11ProMaxの修理料金

iPhone修理ジャパンはiPhone11ProMaxの様々なトラブル・故障の修理対応を行っています。下記に金額の記載がない、どういった修理になるのかわからない、といったことがありましたらお気軽にお近くの店舗までご連絡ください。

修理料金を調べる

iPhon11ProMaxの買取価格例

使わなくなったiPhone11ProMaxは買取店で売って、現金にすることもできます。下取りご希望の場合はスマホ買取ジャパンにご相談下さい。買取の参考価格を掲載します (買取価格は日々変動するので実際の価格は店舗までご確認ください)。

ストレージ 通常価格
64GB 74,000円
256GB 85,000円
512GB 88,000円

おすすめアプリ

セブンイレブン かんたんnetprint

全国各地に良くあるセブンイレブンのコピー機でスマホ内の写真や書類を印刷できるアプリ。印刷したい画像をアプリに読み込んで、表示される英数文字をセブンイレブンのコピー機で入力するだけの簡単仕様。お会計もコピー機だけで完結できるので安心安全でインク量や紙残量を気にせず気軽に印刷できます。

Amazon prime video

色々な国内国外ドラマ、アニメ、ミュージックビデオなどが古い物から最新まで見れます。一部有料のものもありますが、Prime会員になれば、写真の無制限保存が出来たり、Amazonで買い物をした時の送料が無料になったり、他にも色々な特典もついてきます。

Flightradar24 | フライトトラッカー

世界中の今現在飛んでいる飛行機の位置や行き先、出発・到着時間、遅延状況、到着先の天気や温度、飛行機の機種などがリアルタイムで見れます。頭の上を飛んでる飛行機はなんだろうなーと見てみると意外と面白いです。

おすすめ周辺機器

ガラスコーティング
iPhoneは8以降の機種は画面、裏面の両方がガラスに変更となりました。iPhone8以降がガラスになったのは非接触充電(Qi充電)が搭載されたためです。その為以前と比べて両面が割れてしまう可能性が出ました。背面ガラスはappleでは本体交換となってしまう為高額になってしまいます。そうなる前にコーティングをして割れにくくして保護しておくことをお勧めします。
マグネットケーブル
iPhoneもandroidもどんな機種でも一番壊れやすく直しにくいのは充電口だったりします。毎回純正の充電ケーブルで余程丁寧に抜き差しをいない限り充電口が壊れたり、充電端子がすり減り反応しなくなっていきます。マグネットケーブルはその抜き差しを減らし、近づけるだけでくっついて充電が出来る優れものです。
光るスマホケース
iPhoneはandroid機種よりもバイブの振動が弱く、proMaxといった大きい機種は特に振動が弱く感じます。その為着信に気が付けなかったりという事が起こるようです。光るスマホケースは、着信や通知の際に背面全体が光りわかりやすく教えてくれます。端末落下時等の保護効果もあり一石二鳥。

iPhone11ProMax関連ブログ

iPhone11PrpMaax関連ニュース

iPhone11ProMax関連動画

topに戻るアイコン