TOP > 新小岩店 > 新小岩店スタッフブログ > バッテリーの最大容量が85%以下なら・・・
新小岩店
スタッフブログ

バッテリーの最大容量が85%以下なら・・・2019.09.17

こんにちは!iPhone修理ジャパン新小岩店スタッフWです!

 

本日は、iPhone7のバッテリー交換修理の紹介をしたいと思います!

 

電池のもちが悪くなってきたとの事で、

バッテリー最大容量を確認すると・・・78%まで低下していました。



30分程お時間をいただき、バッテリー交換で容量が100%に復活しました✨



 

 

iPhoneのバッテリーの減りが非常に早くなった場合

iPhoneのバッテリーはリチウム電池を使用しており、充電の回数に応じて徐々に劣化していきます。

劣化したバッテリーは最大容量が減っていき、充電100%から0%になるまでの使用時間が短くなってしまいます。

同じ使い方をしているにも関わらず、充電の回数が明らかに増えた場合にはバッテリーの寿命の可能性もあります。

バッテリーの最大容量が85%以下なら、バッテリー交換を!!!

また、劣化した場合にはバッテリーが膨張することもあり、それらの変化が見られる場合にはバッテリー交換の時期が近いのかもしれません。

 

バッテリーの膨張が進むと、スリムだったバッテリーがこんな太っちょに↓

  

 

バッテリー膨張が原因でパネルが押し上げられ、パネル破損につながることも・・・

  

 

バッテリー異常の際は、お気軽にご相談下さい!!