TOP > 渋谷店 > 渋谷店スタッフブログ > iPhoneのバッテリーの減りが早い・・・その原因はバッテリーの劣化だけではない!?
渋谷店
スタッフブログ

iPhoneのバッテリーの減りが早い・・・その原因はバッテリーの劣化だけではない!?2020.12.07

最近バッテリーの減りが急激に早くなった方はバッテリーのせいにしがちですが・・・


 

iPhone修理ジャパン渋谷店です。
本日はとある記事にバッテリーに関する重要な情報が上がっていました。

iPhoneを使用される方にはかなり重要な内容になります!
修理屋目線での内容も含んだ内容でご紹介したいと思います。

 

 

 

バッテリーの減りが早いのはiOS14.2が原因?





現在iPhoneを使用している一部ユーザーから報告されているiPhoneのバッテリーの消耗問題。



この消耗が著しい原因は、iOS14.2ではないかとの投稿が、Apple DeveloperフォーラムとRedditに投稿されています。



Appleのフォーラムやネット掲示板などに投稿している一部のiPhoneユーザーには以下の内容の不具合?が報告されている様です。

・バッテリーの消耗が激しい

・いつもよりも充電に時間がかかるとの問題

・30分で満充電の状態から残量50%まで減ってしまう

他にも普通に数分使用しただけで5%も残量が減るとの報告もあります。


 

 

 

消耗が激しい機種はiPhone6~7等の古い機種?


上記の内容の通り、バッテリー残量が一定の使用頻度で使うと急激に減少する現象。
この症状はiPhoneを再起動してみると、バッテリー残量が一定数増えるといった報告あります。

とすると、ソフトウェア側の問題の可能性が考えられています。

中でも、特に影響を受けているiPhoneは、iPhone7、iPhone6S、iPhone SE(第1世代)などの3年以上前のモデルです。
iPhoneXsでも同様の不具合は報告されています。

またiPad Pro(2018モデル)でも同様の影響を受けているようです。
更に言うと、最新のiPhone12シリーズでも、バッテリーの消耗が激しい報告も上がっています。


 

 

OSのアップデートで問題解決?


現在一般向けに公開されている最新版であるiOS14.2.1/iPadOS14.2.1が現地時間11月19日にリリースされています。
ソフトウェアの問題であれば、新しいOSで解消されるのを望みたいものですが、同OSでバッテリー問題が修正されているかどうかは現在の所不明のままです。

現段階でAppleは新たに、開発者および一般登録ユーザー向けにiOS14.3/iPadOS14.3ベータ3をリリースしています。
このOSでバッテリーの問題が解消されている可能性があるそうです。

 


引用記事 : iPhoneMania
https://iphone-mania.jp/news-333058/

 

 

 

 

 

結論から言うと仕様です




先の記事の内容をご覧いただいた通り、iOS14.2が原因でバッテリーの消耗が激しいという事でしたが、
修理屋さん目線で言うと、OSが何であれ、アップデートすればする程バッテリーの消耗は早くなります。

 

例えば、iPhone7で消耗が激しいと記事に書かれていますが、そもそもiPhone7の性能でiOS14は重すぎます。
基本的にAppleのOSは最新のCPUを基準にしてプログラミングされているのが常です。

iPhone7のA10チップと最新モデルのiPhone12のA14チップで性能を比較してしまうと、倍どころか5倍以上の性能差があります。
例えばiPhoneXのA11チップと比較しても倍以上の差が既に発生しています。

もちろんCPUの性能に起因する所はありますが、さすがに今のOSを3年以上前のCPUで使用するのは最新モデルに比べるとかなりキツイんです(;´・ω・)

更に、バッテリーの劣化が進んでいれば、よりバッテリーの消耗は激しさを増します。
これらの条件が重なる事で、使用する際に半日しか持たない等の不具合に繋がるのです。

 

 

手っ取り早くバッテリーの消耗を改善する方法




バッテリーの消耗の激しさは、バッテリーの劣化具合に比例して増していきます。
古い機種でOSのアップデートしてしまった方は、まずバッテリーの劣化を調べましょう。

 

 

 

 



調べた方は、【設定】⇒【バッテリー】⇒【バッテリーの状態】で見てみましょう。

これによって、今使っているiPhoneのバッテリーの最大容量が分かります。
最大容量が80%以下の値の場合はバッテリーの劣化が進んでいるので、OSを上げてしまった場合
かなり消耗が早くなります。

その場合は、いくら解消方法をしても雀の涙で程度の効果しか得られないと思います。
手っ取り早く解消する方法として、【バッテリー交換】をしてリフレッシュさせることオススメします。

 

 

 

 

 

iPhoneXs以降のモデルで消耗が早い場合




最新モデルやiPhoneXsやiPhone11等、比較的新しいモデルや、バッテリーの最大容量は90%以上か少し下回る
位に場合、バッテリーの交換を試しても変わらない場合が殆どです。

そういった場合、Appleの推奨されている方法としては、まず端末のデータを一度バックアップを取り、データの初期化をしてから
データを入れ直すと解消されるそうです。

実際にお客様の中でもこの方法を試して解消した方がいらっしゃいました。

データのログイン情報等、入力し直さなければなりませんので、多少の手間は掛かりますが一番最良の方法です。

 

 

 

 

バッテリーの長持ちの秘訣はOSのアップデートはしない事




今iPhoneをお使いの方でOSのアップデートを常にしているという方が殆どだと思います。
実際ご来店される方が全員OS13以上のOSにしています。

そこでOSのアップデートは必ずした方が良いんですよね?とご質問を頂く事もございます。

結論、修理屋さんから言わせてもらいますと・・・・

 

アップデートは必ず上げる必要はありません!

 

特にiPhoneXs以降をお使いの方は、アップデートしても構いませんが、iPhoneX・iPhone8系以前のモデルに関しては
OSのアップデートは必要ありません!

A11チップでは今のOS13以降は負荷が大きすぎるので、アップデートは止めておきましょう。

 

《下記のアップデートのしない勧めの記事も是非ご覧ください》


タイトル:iPhoneをアップデートしない方がいい3つの理由
https://iphone-shuuri.jp/shop/tokyo/akihabara/blog/10453/

 

 

 

やむを得ずアップデート上げる場合もあります




アップデートをする必要はないと先程お伝えしましたが、以下の場合はアップデートをする以外に解消できません。

・アプリをアップデートした途端、アプリが使えなくなった

・突然ソフトウェア上で予期せぬ不具合が発生した

・OSが古く、新しいアプリをダウンロードできない

上記の場合はOSのアップデートをするしかありません。

 

アプリ自体(特にゲーム)に関しては、毎回アップデートしなければなりませんが、OSが古いせいで
アップデートも出来なければ、ゲームが楽しめなくなる場合があります。

また、対応OSがiOS13以降のアプリも存在します。
OS12で止まっている方は、こういった場合はアップデートせざる負えないでしょう。

 

 

 

最後に




いかがでしたでしょうか?

今のOSのアップデートは、メリットよりもデメリットの方が大きくなっています。

iPhone6s~Xをお使いの方はアップデートせず、現状維持で使いましょう。

しかしバッテリーの劣化していたらアップデートしいなくても減り早くなります。
そういった時は是非当店でバッテリー交換をすれば、快適に使える様になります!

交換した方が良いのか分からない方は、無料診断も承りますので、是非お気軽にご相談ください!

本日はここまで!
それでは!