TOP > 秋葉原店 > 秋葉原店スタッフブログ > 今夜は満月!6月は「ストロベリームーン」
秋葉原店
スタッフブログ

今夜は満月!6月は「ストロベリームーン」2019.06.17

日々忙しい毎日を送っているからこそ、

今日くらいは夜空を見上げて一息つきませんか?

 

本日6月17日は満月となり、

6月の満月は「ストロベリームーン」という名前です。

最近SNSで話題となっておりますが、

月がイチゴの様に赤くなるからではなく、

満月の名前にはちゃんとした理由がります。

ストロベリームーンの名前の由来は?




元々の由来は、

アメリカの先住民が季節を把握するためにそれぞれの月の満月に名前を付けたことが始まりと言われています。

6月はイチゴの収穫時期であったことから「ストロベリームーン」と名付けられました。

月が赤くなるのは嘘!?


月がイチゴの様に赤く見えることは無いのだそうです。

ただ、

夕日が赤く見えるように月の出間もない月は赤みがかって見えること、さらに今の時期は空気中の水蒸気が多いため、19時~20時ごろの高度が低い月は少しピンク色っぽく見えるかもしれませんが、月が高くなるにつれていつものように白っぽく輝く満月になるとの事でした。

あながち嘘ではなさそうです。

各月の満月の名前は?


この話に触れると気になるのが各月の満月の名前ですね。

1月~12月の満月の名前を調べてみました。
1年間の満月 主な呼び名

1月: Wolf Moon/Old Moon(狼が空腹で遠吠えをする頃)
2月: Snow Moon/Hunger Moon(狩猟が困難になる頃)
3月: Worm Moon/Sap Moon(土から虫が顔を出す頃/メープル樹液が出る頃)
4月: Pink Moon(フロックス/Phlox というピンクの花が咲く頃)
5月: Flower Moon(花が咲く頃)
6月: Strawberry Moon(イチゴが熟す頃)
7月: Buck Moon(雄ジカの枝角が伸びきる頃)
8月: Sturgeon Moon(チョウザメが成熟し、漁を始める頃)
9月: Harvest Moon(収穫の頃)/Corn Moon(とうもろこしを採取する頃)
10月: Hunter’s Moon(狩猟を始める頃)
11月: Beaver Moon(毛皮にするビーバーを捕獲するための罠を仕掛ける頃)
12月: Cold Moon(冬の寒さが強まり、夜が長くなる頃)

それぞれの季節に行われる習慣が主な名前の由来となっているようです。

中には面白い理由で付けられた名前もありますね( *´艸`)

日本で付けた場合はどうなるか、今と昔では大きく名前が変わりそうで面白そうですね。

 

今では当たり前のカレンダーがある時代。

昔の方の知恵や知識には驚かされます。

今日は天気が良いのできっと綺麗なストロベリームーンが観れると思います。

仕事帰りに少し立ち止まって空を見上げてみてはいかがでしょうか。