TOP > 秋葉原店 > 秋葉原店スタッフブログ > 今話題の「ダークモード」とは?
秋葉原店
スタッフブログ

今話題の「ダークモード」とは?2019.06.03

どうも秋葉原店です。

今年も9月には新作のiPhoneが発売されます。

そこで最近何かと記事に載っている「ダークモード」という言葉をよく見ます。

実はiOS11からiPhoneにしれっと搭載されています。

使い方の前にまずはダークモードとは何ぞやを知ってもらいましょう。

「ダークモードとは」


ダークモードとは、色調を暗くすること、OSアプリUI暗色系の配色切り替える機能のことである。

多くソフトウェアではどちらかといえば明る色調UI採用されている。明るめのUI昼間灯りをつけた室内では見やすいものの、灯り抑え暗所などでは画面が目立ちすぎてしまって周囲との違和感が生じてしまう。目も疲れやすくなる。ダークモードで表示することで周囲画面表示とのギャップ少なくなり、違和感薄れたり画面を見やすくなったりといった効果期待できる。
AppleMac向けOSOS X Yosemite」には「メニューバーDockを暗くする」という呼び名でダークモードへの切り替え用意されている。

記事引用https://www.weblio.jp/content/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89

Weblio様から記事を引用させてもらいました。

明るさを調整する事で目の負担を抑えるモードという事のようです。

因みに「UI」というのは「ユーザーインターフェイス」の事、

ユーザーが操作する端末の画面などの接点の事です。

 

ではでは、いまいちピンと来ない方は実際にダークモードに切り替えてみましょう

まずはお使いのiPhoneのバージョンが11以降であるか確認してください。

設定から→一般→アクセシビリティへとタップします。



次に「ディスプレイ調整」→「色を反転」へ進みます。



反転(スマート)と反転(クラシック)とありますが今回は(スマート)を選択。

すると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 



まさにダーク!!

画面が黒く反転しました。



若干ホーム画面も暗くなっていました。

これでダークモードの設定が完了です。

夜などはこのモードにしておくと目に負担が掛からないとの事ですよ。

しかしながら、

アプリはどう移されるのか気になりますよね?

実際に自分がプレイしている「FGO」で確認してみました。



 

おっ!

なんか良い雰囲気ではないですか。

では起動(ワクワク)



ギャー(゚д゚)!

マシュが廃人となってしまった(-_-;)

このようにゲームアプリにはちょっと不向きですかね・・・。