TOP > 新宿店 > 新宿店スタッフブログ > バッテリー膨張!針では直りません!
新宿店
スタッフブログ

バッテリー膨張!針では直りません!2021.12.21

こんにちは!
本日は問い合わせの多いバッテリーの膨張についてお話します。

今現在電化製品にはリチウムイオン電池が使われています。

何回も繰り返し使用できる便利な電池!
それがリチウムイオン電池です!
化学的な反応(酸化・還元反応)を利用して直流の電力を生み出します。
正極と負極の間でリチウムイオンが行き来し充電と放電が可能になります。
その構造は正極と負極と電解質で構成されます。

一般に、正極にはリチウムの酸化物が、負極には黒鉛(グラファイト)等が、
電解質には液状又はゲル状のリチウム塩の有機電解質が用いられます。

しかし万物に終わりがあるようにこの電池も例外ではありません。
寿命があります。


電池は充放電を繰り返すと性能が低下し
その過程で電解質が劣化(酸化)しガスが発生しバッテリーが膨らむ場合があります。
そのガスは墨汁のようなにおいです。




バッテリーは使い方によりますが大まかに2~3年だと思ってください。

経年劣化が進むと何が起きるか?
・充電できる容量が減っていく
・充電の減りが早くなる
・バッテリー内にガスが溜まり膨らむ
・急に電源が落ちたりする


このような症状が出てきます。
こうなってしまったら新しいバッテリーに取り替えてあげましょう。

(重要)バッテリーの膨張について注意です!!

たまにYOUTUBEに針で穴をあけてガスを抜いて直ったという人がいますが、
直ってません!!


ガスを抜いただけであり根本的な解決にはなっていません。
信じてはいけません!
過充電などになり危険なので真似しないでくださいね!

まとめ

バッテリーは消耗品なので困ったら交換しましょう!