TOP > 新宿店 > 新宿店スタッフブログ
新宿店
スタッフブログ

「SIMフリー」と「SIMロック解除」の違いって何だ?2022.08.12

新しくiPhone・スマホを購入しようと考えている際に一度は目にしたことのある

「SIMフリー」と「SIMロック解除」



似ている様で少し違う。この違いが気になるところですよね。

 

特に中古端末を販売するヤフオクやメルカリ(個人売買)では、これらの端末を指し示す言葉が混同していることも多く

多くのユーザが買い物の際に紛らわしいと感じているかと思います。

 

 

■SIMとは?



携帯電話やスマートフォン、タブレット端末といった通信機器を使うためには、端末の中に

SIMと呼ばれるICチップカードを差し込まなければいれません。

このSIMがデータ通信や音声電話が使えるようになる、いわば「鍵」のような代物です。

SIMカードには、標準SIM、microSIM、nanoSIMという3つのサイズがあります。

iPhone5以降はnanoSIMが採用され、その他Android機種も同様のサイズが一般的になりました。

 

 

 

■SIMフリーとSIMロック解除端末の違い + α



そもそもSIMロックとは、特定のSIMカードしか動作しないよう携帯電話/スマートフォンに施す機能制限のことで、

携帯電話会(通信キャリア)経由で販売されるほとんどの端末に施されています。

端末を安価に/大幅に割り引いて販売する代わりに、その通信キャリアの回線を利用してもらおうという一種の販売戦術です。

 

通信キャリアを介さずに販売される携帯電話/スマートフォンは、そのような回線使用に関わるしがらみがないため、

工場出荷時点からSIMロックが施されていません。

それが「SIMフリー」端末で、中古品を除けば、iPhoneの場合は

Apple Store一部家電量販店(2019年11月以降)で販売されています。

 

 


注意! 日本国内のみでの使用を想定しているのであれば上記の違いさえ理解できれば問題無しです。

ですが国内で購入したスマホを海外で使用しようすると話が変わってきます


 

 

 

■「国内版SIMフリー」「海外版SIMフリー」※重要



海外版SIMフリーとは海外で販売、多くのバンド帯に対応しておりSIMロックがかかっていないものを指します。

海外で流通しているSIMフリー端末のことですね。

iPhoneは特に問題無いのですがこれがAndroid端末になると

「国内版SIMフリー」と「海外版SIMフリー」がイコールになりません。

 
「国内版SIMフリー」と「海外版SIMフリー」の大きな違いは対応しているバンド帯(周波数帯)の違い

 

多くのAndroid端末は、販売するキャリアの要望に応じた仕様で製造され、対応する周波数帯も合わせているためです。

その為、日本国内で購入した「国内版SIMフリー」端末をそのまま海外現地で販売されている

SIMカードだと反応しないことがあります。

逆もあって海外のSIMフリー端末を個人輸入して日本国内で使おうと思っても反応しない場合

全てというわけではありませんが・・・。



SIMフリーは規格で全て統一してくれと願うばかりですがそうもいかない事情があるんだと思います。

 

 

■まとめ

「SIMフリー」と「SIMロック解除」の違いと題しましたが結論。

①国内SIMフリー版

②キャリアSIMロック解除版

③海外SIMフリー版

上記の3つがあることが分かったかと思います。

 

基本は①と②さえ理解できていれば問題ないです。

海外旅行をお考えの方は自身が今使っている端末は大丈夫か? 機種名と国名で検索してみて下さい!!

 
豆知識! SIMフリーはSIMロックフリー(SIM lock free)が本来の正しい英語表現ですが
中華業者が「SIM-FREE」と省略して呼ぶことから「SIM-FREE」として定着したらしいです(^^♪

 

なんか調子が悪い…それって水没かも??2022.07.24

思いもよらない場所での水没も…!



梅雨が早く終わったと思ったら、戻ってきて梅雨リターンズでムシムシと暑く曇りや雨の日が続く今日この頃ですね。

そんな時、思いもよらない場所や思ってもみないタイミングでiPhoneは水没してしまうんです…!

夏場で危険なのが、

自宅でのビニールプール

お子様連れの噴水での遊びの時

机に置いていた飲み物のコップ等の結露での浸水

テーマパークの水掛けショー

遊園地の水に流される系アトラクション

音楽フェスやライブなどの水掛け  等々

 

先日は会場に設置されていた体温を下げるためのミストシャワーを浴びながら音楽フェスに参加し、帰宅時iPhoneを使おうとしたら真っ暗で動かなくなっていた…という症状の方もいらっしゃいました。

口がしっかり閉まるビニール袋には入れていたそうですが、逆に高湿度でしっかり密閉されていたせいで内部水没になってしまったようです。

この方のiPhoneは内部に水は溜まっておらず、水蒸気で画面破損してしまったようで、iPhone内部の乾燥と液晶画面交換だけで起動はしてくれました。

おそらく、ビニール袋に入れていたので被害が少なく済んだと思われます。

もし、ビニール袋に入れていなかったら確実に故障、修理不能となっていた可能性が高いです。

 

 
iPhoneの内部が濡れているかは…



iPhoneの内部には、小さな白いシールが貼られています。

これは機種ごとに場所や、サイズ、個数は違いますがどこかしらには貼られています。

白いシールは水や水分に反応すると白→ピンク→赤と変化し、内部水没が起こった事があるかどうか判別できるようになっています。

また、水が浸入した形跡は白いモヤの跡や水滴でも判断できます。

ですが、簡単にiPhoneを開けるのは難しいですよね…

 

そんな時、iPhoneを開けなくても外見からでもチェックできる場所があります!

アウトカメラに結露

インカメラに結露

SIMトレーを抜いて水滴が無いか

手にティッシュを載せて、充電口を下に向けて上下にトントンして水滴が出ないか

音楽をスピーカーから流して音がくぐもってないか

表面をざっと拭いた後、ティッシュに包んでボタンや画面かにじみ出る水分が無いか

faceIDの機能に問題がでていないか

これらに1つでも当てはまったらすぐさま、バックアップが取れるのであればバックアップを取りましょう。

バックアップが取れない状況ならば、即座にiPhone修理屋さんに持ち込みましょう。

水没復旧は対応までの1日1時間1分1秒が生死を分けます!(これガチです…)

(Apple storeやApple代理店での水没対応は本体交換のみの対応となっており、データーは全て消えてしまいます)

データーを消したくない

データーが無くなるのは困る

データーだけでも救出したい

そんな時は、iPhone修理ジャパン新宿店にご相談を!!

当店では水没してしまったiPhoneをパーツ交換、基板洗浄、基盤修理と順に作業していき復旧を目指します!

真っ暗になってしまっても、Appleさんでお断りされても諦めないでまずはご相談を。

そのデーター 当店ならば 取り戻せるかもしれません…!

 

iPhoneの充電ケーブルは純正品ですか?2022.07.18

iPhoneは非純正ケーブルだと故障する?!


iPhoneの充電ケーブルはAppleが販売している純正品ケーブル、Appleの基準で作られているとAppleが認証して販売されているMFi認証ケーブル、Appleの認証が得られていない第三者(サードパーティ)製のケーブルがあります。

の三種類があります。

充電ケーブルは家電量販店やネットショップ、百円均一など多くの場所で販売されています。

ですが、3種類のうち

第三者(サードパーティ)製のケーブルはiPhone自体を壊してしまう危険性がある 

のです…!

 
第三者(サードパーティ)製のケーブルの危険性



見た目に違いはなく、Apple純正品だと3000円するものが、第三者(サードパーティ)製のケーブルなら100円~買えてしまいます。

第三者(サードパーティ)製のケーブルのどこが悪いの?


と、思われる方が多いでしょう。


見た目以外の問題があるんです…

それは使用されている素材と、使用パーツの有無目ではわからない微妙なサイズの違いなんです!!

 

 
充電ケーブルの違い

 

素材


純正ケーブルと第三者(サードパーティ)製のケーブルは素材が違うため硬さが違い、また金属の使用量も違います。

その為、第三者(サードパーティ)製のケーブルは先端だけが折れて中に残ったり、先端の金属部分だけ折れ残って充電が出来なくなる場合が多いです。

 

使用パーツの有無



iPhoneの充電コネクタのちょっと厚くなっている部分には充電時の変電圧をしてくれたりするチップが設置されています。

ですが、MFi認証が無い第三者(サードパーティ)製のケーブル等はそのチップが無かったり不適切なチップが使用されていたりします。

その為、変電圧がうまくできておらずiPhone本体に電圧の負荷がかかったり、ショートを引き起こしてiPhone自体を壊してしまうのです。

 

目ではわからない微妙なサイズの違い



第三者(サードパーティ)製のケーブルは純正品のケーブルから型を取り作られているので目ではわからない程度で微妙にサイズが違います。

多くの物は純正品より少し大きめ、少し厚めになっています。

iPhoneの充電口はプラスチックでできている為、少しでも大きなものを入れると段々と充電口部分が広がったり、中の充電端子部分が削れてしまいます。

使用当初は問題はないのですが、段々とケーブルを刺したときにゆるゆるになり、角度を付けないと充電しなくなったり、合うケーブルを探して充電をしないといけなくなります。

 

 
第三者(サードパーティ)製のケーブルは使用に注意!

純正ケーブルはちょっとお高めな割に壊れやすいので、安いものを壊れるたびに買い替えてのがお得に感じるとは思います。

ですが、iPhone本体が壊れてしまったり、充電口が壊れてしまうと復旧金額や、修理金額のが高くついてしまうこともあります。

その為、Apple純正ケーブルやMFi認証がされたケーブルを使う方が最終的にお得になったりもします…

 

今現在

充電ができない…

充電ケーブルに角度を付けないと充電できない…

充電の穴にケーブルがしっかり刺さらない… 等々

 

充電口の詰まりは10分~(詰まり具合にもよります)で取外しが可能!

充電口の交換は1時間半~2時間程度で当日中に交換が可能です!

充電不良の端末や、充電口のゆるみなど

気になることがありましたらお気軽に当店へご相談ください!