TOP > 渋谷店 > 渋谷店スタッフブログ > iPhone 充電できない??
渋谷店
スタッフブログ

iPhone 充電できない??

最終更新日2022.06.21 作成日2022.06.21

突然充電ケーブルが充電できなくなった!!



iPhoneを充電しようと思って、充電ケーブルを刺したら…

刺さらない

刺さっても充電の反応がない

画面が真っ暗で起動しない

充電ができなくなったときや起動しなくなってしまっ時は、色々な原因があります。

そんなときはまず、なぜ充電ができないのかを探ってみましょう!

 

 
充電ができない原因を探ろう!

充電ができない原因を簡単にできる方法があります。

 
まずは周辺機器の故障を疑いましょう。

使用している充電ケーブルが他のiPhone等でも使えるかチェック

使用している充電のACコンセントが他の物でも使えるかチェック

マルチタップやコンセントなどの電力供給部が他のものでも使えるかチェック

 
周辺機器に問題がなければ、

iPhoneの充電口の中に何か入り込んでいないかチェック

iPhone充電口が緩んでいないか、中の金色線部分が減っていないかチェック

qi充電に反応するかチェック

最近水に濡れたり、お風呂等の水場に持ち込んだりしていないかチェック

 

充電できない理由として多いのが、1位 充電口の破損2位 異物3位 気が付かないうちに水没しており破損の順で多いです。

1位 破損は抜き差しする部分ですので徐々に緩くなったり、角度をつけないと反応しなくなってきたりはします。

ですが、その大きな原因は充電ケーブルが百円均一や電気屋等で販売されているサードパーティ製の物を使っていたり、使い方が荒かったりするのが多くの原因です。

ケーブルは極力純正品を使用し、抜き差しするときはケーブルの根本とiPhone本体をしっかり持ってまっすぐ抜き差しするようにしましょう。

この破損は基本的には充電口を交換すれば直ります♪



 

2位 異物はお子さんがバナナを詰めてしまった等のレアケースもございますが、多い原因は埃や充電ケーブルのパーツ先端部が残ってしまう事が大半です。

充電ケーブルのパーツ先端部が残ってしまう減少は、サードパーティ製の充電ケーブルを使用している方に多く、酷い時は端子根本から折れて中に残ってしまう事もあります。

異物除去が成功すれば修理等なく直りますが、異物が入ったときに破損していたり、除去の際に破損してしまった場合は充電口の交換で直ります。



 

3位 水没は気が付かないうちに起こってることが多く、原因が水なので見た目には異常がなく開封してみて判明することが多いです。

iPhoneはあくまでも飛沫がかかった程度の耐水性能ですので、故障た時に買い替えるという覚悟がなければ水場への持ち込みは避けましょう。

水没が原因だった場合、充電口だけでなく他パーツ部分や基盤が破損してしまっている場合もあります。

浸水状況にもよりますが、破損パーツの交換、乾燥、基盤洗浄、基盤修理等をし復旧を目指します。



 

 
上記全てに問題なく、心当たりもなく、充電ができない場合は、

バッテリーの劣化が進んでおり、起動する電力がバッテリーに貯めれず起動できなくなっている

何らかの原因によって画面パーツが破損している

何らかの原因によって基盤パーツが破損している

バッテリーの劣化や、画面パーツの破損原因であるならパーツ交換で直ります。

iPhoneX以降の機種で、充電中にiPhoneを使用していて基盤パーツが破損してしまう事が稀にあります。

 

iPhoneの充電ができない、起動しないという時は色々な原因がありますが、心当たりが無い場合はとても困ってしまいますよね…

 

 
充電できない…!

そんな時は、上記のチェックをしてみて下さい!

それでも、

原因がわからない…

充電できない…

そんな時は、iPhone修理ジャパン渋谷店へご相談下さい!!

原因を追求し、お困りの解消のお手伝いをさせて頂きます!

お気軽にご相談くださいませ♪

 

渋谷駅西口から徒歩3分 渋谷のiPhone修理ならiPhone修理ジャパンまで。業界NO1の実績でお応えします。

 


iPhone修理ジャパン渋谷店

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町17-10
MCDビル2F