TOP > 川越店 > 川越店スタッフブログ > ヘルスケア活用で救われる・救える命がある
川越店
スタッフブログ

ヘルスケア活用で救われる・救える命がある2021.08.27

皆様はヘルスケアをご利用していますか?

そもそもヘルスケアを知らない人も少なくないはずです。

今回はヘルスケアで出来る素晴らしい事についてお話させていただきます!


進化するiPhoneと機能

今、iPhoneを使用している割合は他スマホと比べて55%以上と半数以上がiPhoneを使用しています。

いつも使用するスマートフォンだからこそより安全で利便性のある端末に日々成長していきます。

既存アプリのその全ての機能を覚えるのは大変ですが、既存アプリの中でもヘルスケアは特に重要なので

ヘルスケアだけでも覚えておきましょう!
ヘルスケアで出来ること

iPhoneを初めて使用する方も既に使用する方も下記の画像のアイコンは見たことあるはず。



これがヘルスケアです。ヘルスケア は、歩数や走行距離を自動的に数えてくれるほか、Apple Watch を持っていれば、Apple Watch がアクティビティデータを自動的に記録してくれます。つまり連携出来るということ。ヘルスケアのカテゴリに関して情報を入力したり、ヘルスケア App に対応した普段使う App やデバイスからデータを取り込むこともできます。

「ん?」


ってなりますよね?上記は便利な機能もあるんだなぁ・・程度で考えて大丈夫です。

歩数計アプリなどは他にも沢山ありますし、可愛いものもあればわかりやすいものもあるので既存アプリじゃなくてもいいのです。

大事なのは

緊急連絡先を登録出来る


という事です。
緊急連絡先を登録することで可能なこと

ヘルスケアでは緊急連絡先を登録することが可能で、

本人の健康状態や緊急連絡先を他の人が【画面のロックを解除せずに確認・連絡する事が可能】です。

「個人情報が誰でも見れるってこと!?」

と思うかもしれませんが、健康状態は救命の際に疾患がある場合に事前に入力することが出来るというだけなので安心を。

ただし、力は自由に出来るので入力の際に「パスワード」や覚えておきたい事など、メモ代わりとして使わないように

しましょう。これは絶対しないでください!!!!!

緊急連絡先の登録は互いに了承した状態での登録にしましょう。トラブルの原因となってしまう可能性があるからです。

登録する際は利用する回数が多い番号にしましょう。

多くの方はパートナーやご家族を登録されていますが、親友でも可能。連絡が繋がりやすい相手がより良いでしょう。

では詳しく見ていきましょう。
メディカルIDで情報を登録しよう

まずは登録場所を確認しましょう。ヘルスケアのアイコンをタップします

下記画面の表示になりますので赤丸のアイコンをタップしましょう



ヘルスケアの詳細の下の欄にメディカルIDがあるのでタップ7(下記画像の赤丸)


登録したい時や変更がある場合は右上の編集をタップしましょう


これで必要な情報を入力することが出来ます。

生年月日は必要な場合で大丈夫です。



病気・けがについて


あくまで救命の際に必要な情報を登録する、ということだけ心がけましょう。

足を骨折し、リハビリ中で機敏に動けない・喘息や糖尿病なども挙げられます。

ニキビがある、指を切ったなどの怪我までは登録しないようにしましょう。


医療メモ


かかりつけの医院があれば医院の名前やお医者さんに注意するように言われている事があれば登録

しましょう。例えば、糖分をあまり取らないようにと言われているなどでも可能です。

特に無い方は入力しなくても大丈夫です。


アレルギーと反応


アレルギーが有る場合は救命によって【アナフィラキシー】を起こす可能性があるのでそれを未然に防ぐためもありますが、

救命の際に原因がアレルギーだった場合の早期確認手段でもあります。

アナフィラキシーは重篤する場合【アナフィラキシーショック】があり、迅速な処置が必要なのです。

ゴムアレルギーや薬物アレルギー(ステロイド等)判明しているアレルギーがあれば入力しましょう。

間違っても【とても嫌いなもの】を入力する部分ではないので覚えて置きましょう。


使用中の薬


今服用中の薬があれば入力しておきましょう。お薬は全てが有効な成分ではなく、併合するといけないものもあるので

記入しておきましょう。長く服用している薬を入力しましょう。



血液型や臓器提供、体重や身長


血液型や体重や身長に関しては必ずしも入力しなきゃいけないものでは有りませんが、入力することで

より効率的に処置が可能な場合があります。

臓器提供は【ドナーカード】と同じようなものです。


緊急連絡先の間柄は意外と重要


自分の健康状態を登録した後は緊急連絡先を登録しましょう。

連絡帳に乗っている番号を登録することができ、選択すると間柄を選ぶ表示に変わります。


この緊急連絡先は

あなたが緊急な状態にあった場合、その場に居合わせた人があなたの近しい人に連絡をする為のものです。

例えば誰かが事故にあってしまい、そこに居合わせたあなた。

緊急連絡先に電話しようと事故にあった方のメディカルIDをチェックしたところ【親(父・母)・教師・その他】

とあった場合は誰にまず連絡しますか?※心理テストじゃないですよ?

緊急時は客観的に重要と思われる人物からかけると思います。上記の例えなら多くの方が親を選択するはずです。

このように間柄はしっかり登録しておいたほうがいいです。

また先にお伝えしたときに【お互いに了承がある状態】と言った理由は、この間柄や相手先の番号を登録した場合は

他人が容易に見ることが出来るので注意が必要だからです。

詐欺が増えている時代でもありますし、盗難や紛失があった場合は大変なことになりかねません。

もしお願いされた場合もその面を含めて考えましょう。

 
ヘルスケアで救われた命

実際あった話ですと、男性が倒れてしまった際に救急隊員がヘルスケアをチェック、

アレルギーがあったようでアナフィラキシーを起こさない救命処置をし、男性は助かったそうです。

このようにヘルスケアで助かる場合も有りますし、逆に私達が救える場合もあります。

いまはコロナ禍もありますので喫煙者などは喫煙の有無も記入しておくと良いと思います。