2020年9月17日に新iOS,

iOS14が配信されました。

今回はそのiOSのメリット・デメリット、iOS14の新機能やバグについてじっくり語ります。

タイトル

iOSとは

iPhoneやiPadの【基本ソフトウェア】のことをいいます。

iOSは定期的に向上していき、簡単に言えばより快適な使用にするために知能が上がっていく事です。

 

なぜバグが起きるのか

向上していくiOSですが、端末の状態によってはバグが多数見受けられます。

多くの理由は

端末自体は向上しないので、知能が上がっていくソフトウェアに耐えられなくなるという事です。

更に本来は前回のアップデートで出てきたバグの報告をAppleが優先度を決めて修正しているのですが、

古いバグが残っていたり、完全に修正しきれなかったり、新しい機能のバグが報告されるので

結局【バグが無いiOSは存在しない】のです。これだと悪く聞こえるので

ざっくり言うと完璧な人間が存在しないように、たとえ機械であっても完璧なソフトウェアはないのです。

そして、より多くの知能を持ち、バグが修正され、、、と成長していくことを【アップデート】というのです。

また、基本の大きなソフトウェア(数字が変わった時のバージョン。13や14)は最新端末に合わせてiOSが大幅向上されていくものなので最新端末でない端末には【負荷がかかる】ということを忘れないように。

 

iOSをアップデートすることによるメリット

・よりシステムが使いやすくなる機能が追加される

例えば昔は使用出来なかった【カメラでのQRコード読み取り】はアップデートにより可能となり、わざわざQRコードのアプリをダウンロードしなくても既存のカメラで利用することが出来るようになりました。QRコードの普及がどんどん増えているこの時代に合わせた便利なシステムですね。

また、既存の【3Dtouchやメモ機能】もより良くなり、グラフなどを作ったり、タスクをスグ出したりと細かな所も追加されています。

・前回あったバグが修正されている、改善されている事がある

起こってしまったバグをAppleが報告しバージョンをアップすることで修正・改善されている事があります。

本来はこのバージョンで追加されているはずの機能が何故か使用出来ないというバグを修正し、次のアップデートでしっかり使用出来るといった例が挙げられます

・起きてしまった内部の不具合がアップデートにより改善することがある

iOSによる内部の不具合がアップデートにより改善・起動することがございます。

 

 

・アップデートに合わせて、アプリが使用出来るようになる

LINEなどのアプリもアプリ自体の性能が向上してiOS同様バージョンが上がって行きます。それにより、過去のiOSに対応しなくなり、アプリがいつの間にか使えない!なんてこともございます。

iOSをアップデートすることによってアプリが使用できることもあるので対応機種・対応OSを確認することが大切です。

 

 

iOSをアップデートすることによるデメリット

・バッテリー劣化の原因となる

まず一番に挙げられるデメリットは【バッテリーの劣化の原因に繋がる】ということでしょう。

バッテリーはiPhoneを動かすため栄養分です。iOSは情報源で、適度にその情報は向上し、重くなっていきます。情報(知識)があればあるほど栄養を使わなければならないので

多くの電力を必要とします。

するとバッテリーは栄養不足になり、バテてしまうのです。それにより

・バッテリーの減りが早い

・充電がある状態なのに電源が落ちてしまう

といった不具合を引き起こしてしまいます。

これが【バッテリーの劣化】と言われ、交換をしなければ起動すら出来なくなる、ということになってしまう可能性がございます。

ポイント! iOSにもアプリ同様、容量があるので注意!!端末が容量不足の場合はバグが起こりやすくなる上にバッテリーの寿命を短くしてしまいます。

・バグが発生してしまう可能性がある

以前のバグが修正されていたとしても、また新たなバグが生まれる可能性がございます。

最悪起動不可なんてことにもなりかねません。
iOSのバグ情報はネットで確認出来るので最新のiOSにアップデートする前に確認するのをオススメします

・対応しない機種もある

最初にお伝えした通り、

iOSが向上しても端末自体は変わらない

ので、より高性能なiOSに耐えきれない端末もございます。

5sや6などのまだ使用している方も少なくない端末も最新のiOS14には対応していないように、

iOSの対象外になってしまう機種があるので要注意です。

また、対応している機種でも古い世代の端末程負荷がかかるので

6sやSEはアップデートしないことをオススメします。

ポイント! 新iOSで対象外になってしまった・・ということは、発売されてかなりの年数が経っているので端末の替え時ですよ!と知らせてくれているようなものなので新機種もチェックするのがポイントです。
iOS14の新機能
では本題のiOS14ですが、ものすごい大幅アップデートされました。

ウィジェット

「iOS 14」最大のアップデートはウィジェットかもしれません。

これまでホーム画面の隅で機能していたウィジェットがAndroidのようにホーム画面の好きな場所に置けるようになるのです!アプリを起動しなくてもカレンダーの予定や天気、リマインダーに登録した必要なもの、株価をひと目で確認できます。

おしゃれにカスタマイズしたい!そんな時にもオススメしたい新機能。

また、「スマートスタック」が用意されます。起床後はニュース、出かける前はカレンダー、夕方にはフィットネスによる消費カロリーを表示といったように時間帯に応じて自動で表示するコンテンツが変わります。これは驚きですね。

ウィジェットは10個まで重ねることが可能です。表示されるウィジェットは自動で変更されるほか、ウィジェットを上下にスワイプすることで手動で変更できます。なお、ウィジェットは複数のサイズが用意され、ホーム画面に追加するときは自動的に整列されます。

Appライブラリ

ホーム画面のラストページにダウンロードしたすべてのアプリを表示する「Appライブラリ」が追加されます。

目的のアプリをシンプルな操作で探しやすいようにiOSが自動でカテゴライズしてフォルダに収納されます。フォルダ内のアプリでも、よく利用するアプリはワンタップで起動可能になります。アルファベット順および50音順に並べたリストから探したり、検索ワードで探すことも可能です。アプリを多く所持している方はもちろん、自動で収納してくれるのでホームページのリストが多く整理するのがめんどくさい!という方にも便利な新機能ですね

また、Appライブラリの提供と共に、ホーム画面の特定ページやアプリを非表示にすることも可能になりました。インストールしたけどホーム画面には表示したくないアプリを非表示にしたり、特定のページごと非表示にすることでホーム画面のページ数を減らして整頓できます。見せたくアプリも中にはありますよね(意味深)そんな個人のプライバシーを優先した新機能です。

ピクチャ・イン・ピクチャ

私が一番驚いたのがこの機能です。

iPhoneで動画などを観ながらiPhoneを使用したいなんで事を思ったことはありませんか?

時間というのは本当に大切で、あれとこれを同時にしたい!と思う事は誰にでもあると思います。

それを実現させたiOS14。すごすぎます。

これはなにかというと

ビデオ通話のFaceTimeや動画を見ながら他のアプリを操作できるということ。

小さく表示したウィンドウは画面のどこにでも移動して表示可能。邪魔な場合は映像を非表示にして音声だけ流すことも可能です。

充電音などを変える事が出来る

充電音はお馴染み「フォン・・」みたいな音がなりますよね、iOSからショートカットを利用して充電音を変えることが出来るので

更に自分だけのiPhoneとしてカスタマイズ可能です。やり方は後日紹介します^^

他にも様々な機能が追加されました。Siriの性能がUPしたり、メッセージがピン付出来たりと

iPhoneがここまで進化するのは驚きですね。気になる方は下をクリックして確認しましょう

↓↓

 

iOS14にアップデートした際に起きたバグ

「バッテリー殺し」と呼ばれるほどの情報量

iOS14はより多くの新機能を搭載されたソフトウェアとなっており、それ故に

【バッテリー殺し】と言われるくらいバッテリー不具合の報告を受けております。

・14にかえてからいきなりバッテリーのヘリが早くなった

・電源がつかなくなった

・端末が熱くなる

などの不具合が起きております。バッテリーの交換が必要となりますが、1日の持ちは改善されても劣化の速度は他の端末より早い可能性がございます。

動作が重くなる

iOS14において文字入力を行った際に1文字目の入力で固まるケースや、動作が重くなるといった報告があがっています。

iOS14へのアップデート後、キーボードで文字入力が重くなったり固まる場合はバグの可能性が高いです。

カメラが起動しなくなる

iOS14にアップデート後、iPhone7ユーザーの一部からカメラやLEDライトが使えないといった不具合が報告されています。

不具合の報告があるのは多くがiPhone7シリーズですが、一部にはiPhone8シリーズでも症状が出ています。

 

iPhoneの問題

 

新機能背面タップが使用出来ない

iOS14では背面をダブルタップ、トリプルタップで特定の操作を実行する事が可能になりました。

しかし、iOS14にアップデート後も背面タップが使えない、「設定が見つからない」といった報告があるようです。

背面タップについてはiOS14がインストールされているデバイスでも対応していない機種が存在するので下記の機種であった場合は対象外となるので確認しましょう

・iPhone SE(第1世代)

・iPhone 7

・iPhone 7 Plus

・iPhone 6s

・iPhone 6s Plus

・iPod touch(第7世代)

 

充電ができなくなる

iOS14にアップデート後、充電ができなくなるという報告もあります。過度な電力により内部がショートしてしまっている可能性もあります。充電部分(ライトニング)を交換しても改善されない場合は基板が壊れてしまっている可能性がございます。

また、非純正のUSBケーブルを使用している場合

「このアクセサリは使用できません」と表示されることがあり、充電出来なくなることもございます。

家電量販店・AppleStoreなどで純正のケーブルを購入に充電出来るか確認しましょう

 

 

まとめ

iOS14により様々な機能が追加され、より快適に、より機能的にiPhoneを使用出来るようになりましたが

デメリットもございます。

アップデートする前には必ずバグの症状などを確認することで安全にiPhoneを使用することが出来ます。

自動アップデートにされている方も要注意です。悪いことでは有りませんが端末によっては負荷がかかりすぎ、起動できなくなるという恐れもございますので14などの大型アップデートの場合は一度自動アップデートをオフにして様子をみましょう。